「麻子仁丸」はどんな人・どんな症状にいいの?

イメージ

漢方では、体質に合わせ、自然な排便を促す便秘薬もいろいろある

腸内が乾燥して、コロコロ便が出るような便秘症に。高齢者、出産後などで体力を消耗しているタイプの便秘、習慣性便秘にオススメ。

「麻子仁丸」の効果

習慣性便秘、老人性便秘、痔核の便秘。

「麻子仁丸」に入っているもの

麻子仁(アサの種子)、芍薬(シャクヤクの根)、枳実(ミカン科の未成熟果実)、厚朴(モクレン科の樹皮)、大黄(タデ科の根茎)、杏仁(アンズの種子)。

「麻子仁丸」が合わない人

大黄が子宮収縮を促進する恐れがあるので、妊婦には用いないようにしましょう。

「麻子仁丸」の飲み方などの注意点

■飲む時間
一般的には食事と食事の間の空腹時、食事の前の30分前など、お腹が空で胃に吸収されやすい時期に飲みます。胃腸が荒れやすい人は食後、通便させるクスリは空腹時の服用を勧める場合もあります。なお、食間に飲み忘れた場合は食後でいいので、飲みましょう。

■「水」or「白湯」?
症状によって、冷たい水で飲むほうが効果的な場合(その反対も)もありますが、基本的には生薬を水で煎じた「煎じクスリ」の場合は、人肌に冷まして飲みます。生薬の有効成分を抽出して乾燥・加工した「エキス剤」の場合、お湯に溶かしたり、水と一緒に飲んでください。

「麻子仁丸」の副作用

体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質などの場合、不快な症状や副作用が出る場合があります。ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

「麻子仁丸」が買える場所

漢方薬局や病院、診療所、ドラッグストアなどです。
代表的な商品名:(アイウエオ順)

  • ウチダの麻子仁丸 (ウチダ和漢薬)
  • 麻子仁丸 (阪本漢法製薬)
  • 麻子仁丸科エキス錠 クラシエ (クラシエ薬品)
  • 麻子仁丸 細粒 (松浦漢方)
  • マシニーンV「コタロー」 (小太郎漢方製薬)

「麻子仁丸」の漢方的メカニズム<中級者向けトリビア>

脾胃の燥熱で、津液が消耗されて起こる便秘(脾約証)を改善させます。潤腸通便し、瀉熱行気することで腸管を潤し、便を排出する効果があります。

■具体的な生薬の効能
主薬の麻子仁が腸管を潤し、杏仁が麻子仁の働きをサポートします。大黄・枳実・厚朴が腸管を刺激して脾胃にこもった熱を冷まし、芍薬が体液を補います。

「麻子仁丸」のおまけのエピソード

「○○丸」という名がついているものは、生薬を粉末にしてハチミツで練って丸めたものが本来の形です。腸を潤す働きがアップするので、習慣性便秘などで慢性的に困っている方に向いています。丸剤でない場合は、ハチミツで溶いたお湯で服用するとよいでしょう。

なお、これ以外に漢方の便秘薬には、麻子仁丸に血行促進と補血作用をプラスした「潤腸湯」や、体力があるタイプに向いている「桃核承気湯」、子どもや虚弱体質によく用いられる「小建中湯」などがあります。便のタイプや体質に合わせてこれから紹介していきますので、どうぞお楽しみに。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項