フラット35Sとは?

shinchiku

フラット35Sは住宅を購入するときに使える住宅ローン。該当する建物であれば金利の引下げを受けることができます。

フラット35は住宅金融支援機構と民間金融機関とが提携して提供している長期間固定の住宅ローンです。その中でも「省エネルギー性」、「耐震性」などに優れた住宅を取得するためのものは、一定期間金利を引き下げます、というのが、フラット35S。そもそも長期固定としては比較的低金利で提供されているフラット35ですが、要件に当てはまる住宅の購入であれば、さらに金利を引き下げてもらえるというわけです。

なお、フラット35自体は借換えにも利用できますが、フラット35Sは新規に購入する場合に限られます。ただし、購入のためであれば中古住宅であっても要件を満たしていれば借入れができます。

フラット35Sの金利引下げ幅

平成24年9月現在、フラット35Sには「フラット35Sベーシック」と「フラット35Sエコ」の2種類があります。それぞれの金利引下げ幅は次のようになっています。

flat35S

フラット35Sの概要。適用されるかどうかは、それぞれに定められている技術基準に適合する住宅かどうかによります。
 

※東日本大震災の被災地においては、引下げ期間が拡充されています。岩手県、宮城県、福島県は全域が被災地とされているのをはじめ、埼玉県、千葉県等にも該当場所があります。被災地に該当するかどうかや、該当した場合の引下げプランはフラット35のサイトや個別に問い合わせするなどで、確認してください。

ただし、現在のフラット35Sの制度内容は、それぞれに期限があります。「フラット35Sエコ」は、平成24年10月31日までの申込分、「フラット35Sベーシック」は平成25年3月31日までの申込分となっています。平成25年度以降については、来年度の予算によって決定しますが、平成24年9月時点では、国土交通省からは拡充路線での予算概算要求が出ています。

どんな住宅ならどのプランが利用できる?次のページで。