16:00~17:30 南半球一高い展望台、ユーレカタワー・スカイデッキ88

ユーレカ・スカイデッキ

南半球一高い建物ユーレカスカイデッキ、建物の白い線はものさしをイメージしている

2007年にオープンした南半球一の高さを誇るユーレカタワー。下層部はオフィス、上層部は住宅部分となっていて、88階、高さ300メートルに展望台のスカイデッキがあります。ちなみにその上階90階と91階には30万リットルの貯水タンクがあり、そのタンクが余分な揺れを防いでいるらしいです。

ユーレカ・スカイデッキ

展望台の随所に設置されたビューファインダーで、見たい場所がピンポイントで探せる

展望台からは360度何も遮るものがなく、カーレースF1や全豪オープンテニスの会場が見える他、ヤラ川から東海岸の海まで、メルボルンの街全体が見渡せる絶景が広がります。展望台の各所にはメルボルンのランドマークをピンポイントで合わせたビューファインダーと呼ばれる望遠鏡が用意されていて、覗き込むだけで各観光名所を見ることができます。

 
ザ・エッジ

ユーレカ・スカイデッキにあるザ・エッジ、四方がガラス張りで足元からは300m下の地上が見える。夜ならメルボルンの夜景も一望できる

高所恐怖症でない方にオススメしたいアトラクションが「The Edge(ザ・エッジ)」。地上300メートルの高さの展望台から全面ガラスの箱が建物から3メートル飛び出すという衝撃的なもの。3メートル飛び出すガラスの箱は人数制限され、スタート前は遮光ガラスで外の風景は見えません。箱を操縦するスタッフのアナウンスと共に箱がゆっくりと展望台から外に出て行き、しばらくすると遮光ガラスが透明ガラスに切り替わり、一瞬にして外の風景が目に入ってきます! もちろん箱の下もガラスなので足元からは300メートルの地上が見えるという凄さ。

 

ザ・エッジ

ザ・エッジを横から見た写真。地上300mの展望台が飛び出す箱は未知の体験

操縦するスタッフの指示に従い、このガラスの箱の中での記念撮影もあり、希望者は後で購入も可能です。このスカイデッキ、日中に行くのもいいけど、夜に行けばメルボルンの夜景が一望できます。どっちも見逃せない!という人にはお得なSun & Starという1日2回入場できるチケットも販売されているので是非チャレンジしてみてください。

<DATA>
Eureka Skydeck 88
住所:7 Riverside Quay, Southbank VIC 3006 Australia
TEL:+ 61-3-9693-8888
入場料金:大人18.50オーストラリアドル、1日2回入場料金:大人22オーストラリアドル、The Edge料金:12オーストラリアドル(2012年9月現在)
営業時間:10:00~22:00(21:30ラストエントリー)

17:30~ ディナー&ナイトライフ

慌ただしく巡ったメルボルン1日観光はここで終了、ここからはディナー&ナイトライフの時間です。メルボルンのサウスバンク地区にある総合エンターテイメント施設「クラウン・エンターテイメント・コンプレックス」は24時間営業していて、南半球最大のカジノやレストラン、ショッピングセンター、映画館のほか5ツ星クラスのホテルも入り、カジュアルレストランからプレミアムレストランの他、気軽なフードコートまで揃っています。夜はカジノで一攫千金! と言わずとも、少額から楽しめるゲームもありますので、一度体験してみてはいかがでしょうか?

参考記事: メルボルンのホテル クラウン・プロムナード・ホテル

<DATA>
Crown Entertainment Complex
住所:8 Whiteman Street, Southbank VIC 3006 Australia
TEL:+ 61-3-9292-8888

【取材協力】
ビクトリア州政府観光局
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。