ご当地グルメ!北海道北見の「オホーツク北見 塩やきそば」

 

 

道東は北見市の名産品、「帆立」「玉ねぎ」をメインの食材に使った使ったご当地メニューが「オホーツク北見塩やきそば」です。

北見を訪れる機会があったので、塩やきそばを食べたいなと思い調べたところ、発祥がホテル黒部 シェルブルーというレストランとのことだったので行ってみました。

特徴は、まずは豪華な具材。オホーツクでとれた帆立、温泉卵、アスパラ・玉ねぎ(北見は玉ねぎの生産が日本一とか)などが盛りだくさんです。フライドオニオンも香ばしくて美味しいです。そして、北海道らしく、じゃがいももトッピングされています。これも以外と合うから不思議です。

2つ目は、食べる直前に振りかけられる「魔法の水」。これは帆立のスープらしいのですが、このちょっとした演出で鉄板がジュージューいい、美味しさが2倍増しに感じられます。

そして3つ目は、コストパフォーマンス。塩やきそばにスープ&ライスがついて900円です。(ライスはいる場合だけ。焼きそばだけでも結構なボリュームです。)

もし、少し味を変えたい場合はレモンをたらすと、またさっぱりと違う風味も楽しめます。このオホーツク北見 塩やきそば、2010年のB1グランプリで10位を獲得。今年はコンビニでインスタントとして発売されたり、知名度もあがってきているようです。北見市内で塩やきそばを供しているお店も20数店舗あるので、食べ歩きしてみるもの楽しいですね。お店によって、オリジナリティがあるようなので。

■ホテル黒部 シェルブルー
住所:北見市北7条西1丁目(JR北見駅から徒歩5分)
TEL:0157-23-2251
営業時間:AM11:00~PM8:00
地図:Yahoo!地図情報
URL:http://www.hotel-kurobe.co.jp/kurobe.html
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。