長崎ちゃんぽん発祥の店「四海樓」

 

 

1899年(明治32年)創業の「四海樓(しかいろう)」は、長崎の名物、ちゃんぽん発祥の店として知られます。

当初は「支那うどん」と呼ばれ、長崎に来ていた中国人留学生のために、おいしく、ボリュームと栄養があり、安いメニューをと、こちらのお店の初代、陳平順さんが考案したそうです。ちゃんぽんと並んで名物の皿うどんも、こちらのお店が発祥です。

グラバー園や大浦天主堂など観光スポットの近くにとても立派な「四海樓」の建物があり、2Fにはちゃんぽんの歴史を学べる「ちゃんぽんミュージアム」もあります。5Fにある展望レストランは、いつ行っても大賑わい。あまりの待ち時間にあきらめたことも何度か……。店内の一部はガラス張りになっていて、ガラス側の席からは長崎港や稲佐山を眺めることができます。

ちゃんぽんのお値段は997円。鶏ガラとトンコツでダシを取った白濁スープは、
見た目よりもあっさりしています。たっぷりの魚介や野菜の甘みが溶け込んで深い味わいになっています。上にのった錦糸卵も豪華な感じがしていいですね。長崎観光の途中に便利な場所にあるので、ウェイティング覚悟でぜひ行ってみてください。

■中華料理 四海樓
住所:長崎県長崎市松が枝町4-5
Tel:095-822-1296
営業時間:11:30~15:00、17:00~21:00 (LO20:00)
定休日:不定休
地図:Yahoo!地図情報
HP:http://www.shikairou.com/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。