竹を見ながら、抹茶も頂ける“竹の寺”報国寺

 

 

鎌倉市にある臨済宗建長寺派の寺院である「報国寺」は、別名「竹の寺」とも呼ばれているほど、寺の中には圧巻の竹があります。

春になると、青々とした立派な竹が見事に成長して見応え十分。

この寺は、1334年天岸慧広の開山により創建されたと伝えられ、開基については足利尊氏の祖父である足利家時とも上杉重兼ともいわれているそうです。

竹林の緑が美しく心が研ぎ澄まされる場所では入園料とお茶つきの券を購入をオススメします。
undefined

 

竹を見ながら、その場で抹茶が頂けるので風情たっぷり!!

「マイナスイオン」が漂っているので、中心地や鎌倉駅よりひんやりしています。静かで、涼しくて、穏やかになれます。
undefined

 

竹の他に、蛍光グリーンのような見事な苔もぜひ見る価値あります。一瞬、本物?と疑ってしまうほど現実離れした発色。鎌倉駅から少し足を伸ばしてオアシスへ行ってみませんか?

■報国寺
住所:神奈川県鎌倉市浄明寺2丁目7?4
TEL:0467-22-0762
料金:拝観料200円、鎌竹庭の茶席は500円(お茶とお菓子付き)
時間:9:00~16:00(12月29日~1月3日拝観不可)
アクセス:鎌倉駅から京急バス。
[鎌23・5番]太刀洗行き、[鎌24・5番]金沢八景行き、[鎌36・5番]ハイランド行き 浄明寺 下車 徒歩2分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。