巧妙な伏線が一行の文章に集約する、綾辻行人のデビュー作「十角館の殺人」

最後まで結末がわからなくて、読み終わった後に「やられた!」と思うミステリー小説といえば、私は綾辻行人の「十角館の殺人」を挙げます。

お互いを著名な推理作家の名で呼び合う、ある大学ミステリ研究会の七人。彼らはある島へ合宿に来ていた。そこは半年前に悲惨な殺人事件が起こった孤島。楽しい時間もつかの間、彼ら自身も連続殺人事件に巻き込まれていく。真犯人は誰か?どんなトリックを用いたのか?最後まで気が抜けない極上のミステリー。

人気推理小説家、綾辻行人の衝撃のデビュー作です。この作品の醍醐味は、なんといっても伏線の巧妙さでしょう。物語終盤のたった一行の文章がこの作品の肝であると言っても過言ではありません。さぁ、あなたもこの推理合戦に参加してみませんか?



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。