英国らしさをVゾーンで演出

paisley

ペイズリーのプリントタイ。大きな勾玉模様が全体を覆ったもの。中くらいの大きさのもの。小紋タイプのものまであります。すべて私物

この秋冬のファッショントレンドは英国および英国調です。たとえばフランネルやツイードのジャケットだったり、キャバルリーツイルのトラウザーズ(ズボン)だったり。どこか温もり感を感じさせる素材ということ。

靴もやはりフルブローグ(ウィングチップ)やセミ・ブローグといった伝統的な英国の靴が注目です。いま持っているビジネススーツで英国らしさを取り入れる場合、手っ取り早いのがネクタイでしょう。お馴染みのレジメンタルストライプも悪くはないが、既に定番アイテムなので、いまさら“英国らしい”というイメージも薄い。

paisley

ジャカードのペイズリータイ。小紋タイプでもプリントとは雰囲気が異なります

そこでおすすめしたいのが、ちょっと癖のあるペイズリー文様のネクタイ。そう、あの勾玉模様の柄です。

もともとペイズリー文様は、17世紀~18世紀にかけて、インドのカシミール地方で誕生した文様で、そのオリジナルは草花を模したものでした。17世紀くらいからヨーロッパに向けてショールなどが輸出されていたようです。

19世紀の半ばになると、ジャカード機の改良が進み、フランスのパリやリヨン。スコットランドのエジンバラやペイズリー、イギリスのノリッジで、ペイズリー文様のショールが大量生産されるようになりました。

大流行したペイズリー文様のショールも1870年頃にはブームが終焉に。なぜだか、スコットランドのペイズリーという都市名のみが選ばれて(?)、そのまま文様の名前になったというわけです。

次のページではさらにペーズリーを詳しく紹介します。