1つのワークシートで複数の印刷設定を切り替えたい

「あるときはこの印刷設定で・・・」「またあるときは違う印刷設定で・・・」といったように、1つのワークシートに対して、複数の印刷設定を切り替えたい場合があります。印刷のたびに設定し直すのは面倒なもの。そこでオススメしたいのが「ユーザー設定のビュー」機能を活用したテクニックです。
複数の印刷設定を切り替えたい

複数の印刷設定を切り替えたい




印刷設定を「ユーザー設定のビュー」として保存する

活用方法はとても簡単。ワークシートに印刷設定したら、その状態を「ユーザー設定のビュー」としてブックに保存します。まず、「表示」タブ→「ユーザー設定のビュー」をクリックしてください。
「表示」タブ→「ユーザー設定のビュー」をクリック

「表示」タブ→「ユーザー設定のビュー」をクリック



Excel 2003の場合は、「表示」メニュー→「ユーザー設定のビュー」をクリックしてください。
Excel 2003の場合は、「表示」メニュー→「ユーザー設定のビュー」をクリック

Excel 2003の場合は、「表示」メニュー→「ユーザー設定のビュー」をクリック



表示された「ユーザー設定のビュー」ダイアログボックスで、「追加」ボタンをクリックします。
「追加」ボタンをクリック

「追加」ボタンをクリック



続いて表示された「ビューの追加」ダイアログボックスで、複数のビューを識別するための「名前」を入力して「OK」ボタンをクリックします。このとき、「印刷の設定」にチェックが付いていることを確認してください。ここにチェックが付いていないと、印刷設定は「ユーザー設定のビュー」として保存されません。
「名前」を入力して「OK」ボタンをクリック

「名前」を入力して「OK」ボタンをクリック



同様の手順で、別な印刷設定を「ユーザー設定のビュー」として保存します。
別な印刷設定を「ユーザー設定のビュー」として保存

別な印刷設定を「ユーザー設定のビュー」として保存



続いて、保存した印刷設定を切り替えてみましょう。次ページへどうぞ!