全20駅中、約半数の9駅が京都! 東京カンテイが発表した「2012年マンションPBRランキング(近畿圏)」(pdfファイル)をざっと見渡して、まず気づくのが京都市内の駅が多い事。TOP3駅は、1位/京阪鴨東線「神宮丸太町」駅(PBR1.28)、2位/京都市営地下鉄東西線「京都市役所前」駅(PBR1.28)、3位/京都市営地下鉄東西線「東山」駅(PBR1.27)。いずれも、鴨川をはさんで1km四方の狭いエリアにあります。

この3駅、マンションPBRが1.28~1.27。すなわち「過去10年間に買ったマンションを今売れば、平均して3割弱値上がりしている」という事になります。

京都市役所、御池通

御池通越しに見る京都市役所

他にも京都中心部の駅は複数有ります。全20駅のうち京都市内の駅は9駅。しかも京都市役所~烏丸御池界隈を中心とした市内中心部、東西2km強×南北3km強のエリアに全て含まれています。

京都市内中心部のこのエリアが買物/交通ともに便利である事は、ここ10年ではあまり代わりはありません。京都市内中心部の最近10年に分譲されたマンションが値上がりしているのは、良好な分譲物件が少なく需要に見合うだけの供給が追いついていないからといってよいでしょう。

では、次のページでは残りの駅の傾向を見てみましょう。