乙女のお花見弁当

■ 材料
  • 寿司飯
  • 青のり
  • 厚焼き卵
  • いんげん豆
  • 桜でんぶ
■作り方
1. 食品用ラップを敷き、その上にご飯を縦約7cm、横約20cmぐらいの幅で出来るだけ薄く広げる。
2. ご飯の上に青のりをまんべんなく振りかける。
3. 青のりを振ったご飯の上にもう一枚ラップをかぶせ、ご飯を挟んだままひっくり返す。
4. ラップを外し、青のりのついていない面にいんげん豆、卵、桜でんぶをのせ、巻き寿司の要領でラップごと具を巻いていく。
5. ラップを巻いたままご飯が楕円形になるように強く握り、そのまま少し置いておく。
6. ラップをしたまま、巻きずしを5等分に切り分ける。
7. いんげん豆が中心に来るようにして、巻きずしを5つ花型に並べる。
8. 仕上げに、花の中心に桜でんぶを乗せると綺麗です。

海外在住中に良く作っていた「お寿司」です。
海外では「黒い食べ物」を嫌がられる方が多いので、裏巻きをよく作っておりました。
裏巻きは見た目の華やかさと、海苔が内側に来て黒い色が目立たないので、外国の方にも喜ばれましたよ。

いつもは外側に白ゴマを使っていたのですが、今回は春をイメージして緑色が鮮やかな青のりを振ってみました。
中心のピンクのでんぶは桜をイメージし、黄色い卵はヨーロッパの春の花をイメージしました。

一口サイズのお寿司はフィンガーフードとして外国の方にも評判が良く、食べる姿も上品です!

小さな小さなお重を使ったので、おかずは作らず、デザートにカップケーキを作ってみました。
桜色のピンクのアイシングがお花見にピッタリだと思います。
和と洋が融合した、ちょっと「乙女なお花見弁当」です♪
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。