夕立の中で繰り広げられるエキサイティングな物語

夏の暑い日、突然やってくる夕立は、ちょっぴり怖くてエキサイティング。あたりが急に暗くなり、稲妻と雷鳴がとどろき始めると、いつもと違う何かが起こりそうでドキドキしてしまいます。それは、南の島に住む動物たちも、例外ではありませんでした。今回は、カリブの昔話をもとにした、オオカミとヤギのドラマチックなお話『ゆうだち』をご紹介します。

南の島のヤギは、三味線片手のロックンローラーだった?

『ゆうだち』の表紙画像

ヤギを食べようと狙うオオカミですが今日ばかりはいつもと勝手が違います


南の島に住むヤギが夕立にあったのは、ちょうどオオカミの家の前でした。雨宿りをすすめるオオカミの言葉に従って、家に招き入れられたヤギ。ほらほら、役者は揃いました。これからどんなお話が展開するのか、絵本好きな読者ならすぐに思いつくかもしれません。

ところが、今回ばかりは、みなさんが想像するようなありきたりのお話ではありません。もちろんオオカミは、ヤギを食べる絶好のチャンスを得たと大喜びで、三味線片手に「夕立が来たら、美味しいお客が向こうからやってくる」と喜びの歌を歌い始めます。耳のいいヤギはこの歌を聞き、「美味しいお客」とは誰のことなのかすぐに感づきます。

ヤギは怯えながらも一計を案じ、自分にも歌を歌わせてほしいとオオカミに頼みます。そして、三味線片手にこんな歌を歌いました。
ゆうだちが きたら おかしくなる  むしゃくしゃして へんになる
このまえ たべた オオカミ 3ひき  そろいも そろって いくじなし
ゆうだちが きたら おかしくなる  なにを しでかすか わからない
なんとハードな歌詞でしょう。皆さんが良くご存じのおとなしいヤギとは大違い。しかも、歌を繰り返すうちに、ヤギの目つきは変わり、大声になり、自分でもだんだんおかしな気分になっていくのです。体が勝手に動き、暴れ始めたと思ったら、三味線だけでなく部屋の椅子まで壊してしまい、その興奮状態は、まるでロックのコンサートのようです。

いやいや、ギターではなく三味線をつま弾いているのだから、ロックはおかしいですね。 それでも、「ヤギはオオカミに食べられるものと誰が決めた?」と言わんばかりのシャウトからは、ロック魂がビンビン伝わってきます。

この様子を見たオオカミは、ヤギの様子に恐怖を覚えます。その時の、ヤギとオオカミの立場が一瞬で逆転する面白さ。お見事です。弱い者の捨て身の反撃(?)に、オオカミはたじたじです。こうなると、もうオオカミに勝ち目はありません。尻尾を巻いてただ逃げだすことしかできないオオカミですが、可愛い息子と愛する奥さんを、自分より先に避難させます。このあたり、なかなか男気があるじゃありませんか。悪役のイメージが強いオオカミの好感度を上げたことは間違いありません。

さて、「ヤギとはこういうもの、オオカミとはこういうもの」という既存の考えに揺さぶりをかけたこちらの作品の作者もまた、主人公以上にロック魂を持った方とお見受けしましたが、なんと作者あきびんごさんは、もともと日本画家でいらっしゃるそうです。絵本以外の作品も拝見したくなりますね。


【書籍DATA】
あきびんご
価格:1050円
発売日:2012/6/5
出版社:偕成社
推奨年齢:4歳くらいから
購入はこちらから 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。