教訓! 高速バスでの移動の心得…

車酔いの多くがそうであるように、降りればけろっと治ってしまうものです。リゾートに到着するや否や、3人の娘全員が超元気になり速攻プールやらアスレチックやらなんだかんだに遊び狂い食べまくり始めた姿には思わず「詐欺!?」と問わずにはいられませんでしたが、まあ良かったです。

また恐れながら迎えた帰途のバス車中ですが、さんざん飲み食いしておきながらも誰も戻さなかったことはただひたすらに僥倖でありました。最初の山道で全員が寝落ちしていたのが奏功したようです。

いずれにしましても、この、「4時間半の行程で3人に3回ずつ戻された」という地獄的経験は、ある意味フジワラ夫妻にとって親力を試される抜き打ちテストのようなものでした。

加えて今回のことで、幾つかの教訓を得られたのも収穫でした。せっかくなので車酔いしがちな子どもを乗り物に乗せる修行(?)を予定している方がもしいらっしゃれば、参考にしていただければ幸いです。

  • 戻すかもしれない子を抱く場合、捨てても惜しくないバスタオルはマストアイテムです(我が身を守れ。布団代わりになり、ねんねの時重宝します)。できれば厚手のものが良いでしょう。
     
  • ビニール袋、ティッシュパーパーは多めに準備(瞬時に取り出せるようにセッティング)しておきましょう。
     
  • なるべく食べさせない、飲ませない(基本。乳製品、柑橘飲み物も避ける)ことを心掛けましょう。
     
  • 「発車」「停車」のタイミングに注意(親が気を抜かないこと)。不意を突かれます!
     
  • 親は親で大変ですが、同乗の方に不快な思いをさせると申し訳ないものです。子どもが戻してもなるべく他の人に気取られないよう、パニクらず、エレガントに振る舞いましょう……フリだけでも。
     
  • 子どもの着替えでも荷物が増え、最小限になりがちな親の着替えも、多めに持って行きましょう(今回少なめにして後悔しました)。
     
  • 高速バスは拘束バス、走る密室。利用しないで済むのであれば……やっぱり避けましょう。




■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。