鎌倉・由比ケ浜は建築家の工藤宏仁さんが生まれ育った古くからの住宅地。ご自宅は増改築を繰り返していた二世帯住宅でした。近年になって両隣がマンションとアパートに建て替わったのを機に、プライバシーを保ちながら開放的な生活を目指して、昨年、老朽化した道路に面した世帯を建て替え、残りの奥の世帯に構造補強と内装のリノベーションを施し、「螺旋の屋根=スパイラルルーフ」の家に生まれ変わりました。

緩やかに上昇する大きな壁


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. ルーバー屋根のテラスが目を魅く南側の外観。
写真:工藤宏仁建築設計事務所
2. 正面にあたる東側の大壁の外観。
3. 道路の角の北東側。右はガレージのシャッター。
4. 寝室の小窓がランダムに並ぶ北側の外観。


淡いグレーの大壁が印象的なこの家は、一見、外に閉じたように見えますが、大壁には縦横にスリットのような窓があり、北側にはランダムに小窓が並んでいます。西から始まる片流れの屋根は緩やかに高くなり、やがて空に突き出した展望台のような木のテラスに至ります。さらに正面には植栽が施され、石張りの壁とともに、街並に優しいニュアンスを添えています。

◆建築家プロフィールと建築データ