夏バテはなぜ起こる?

すいか

食欲のないときに食べたいスイカ。ただし食べ過ぎには注意!

湿度の高い日本の夏はジメッとした蒸し暑さが特徴的です。こうした環境の中で生活していると普段よりも発汗量が増えるので、水分・塩分補給はこまめに行う必要があります。体内の電解質(塩分やミネラルなど)バランスが崩れると脱水を起こし、足がつったり、熱中症のような症状がみられたりといったことが起こります。また暑いからといってクーラーを効かせた部屋で過ごしすぎると、外気温と室温との温度差が大きくなり、体温調節を司る自律神経が乱れて身体に異変をきたします。

さらに暑い時期に飲みやすい、食べやすいからといって冷たいものばかりをとり続けると胃の消化機能が低下して食欲がなくなり、エネルギー源である炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどさまざまな栄養素が不足することが考えられます。栄養不足から身体の不調をきたして疲労感を感じ、さらに食欲が低下するという悪循環に陥ることも。このように夏バテには環境だけではなく、食事によっても大きく影響を受けるものなのです。

運動は自律神経の働きを整える

暑い時期に運動することは発汗量も増えるし、疲労感が増すのでは? と思われる方もいるかもしれませんが実は逆。運動は自律神経の働きをよくし、夏バテの予防・解消に効果があるといわれています。運動習慣のない人がいきなりハードな運動を始めてしまうと、ひどい筋肉痛に悩まされたり、ケガをしてしまったりする場合もありますので、身近にできることから始めてみましょう。夏バテ解消のために行う運動のキーワードは「涼しい時間」「リラックス」「ムリをしない」ことです。

夏の日中は暑さが厳しいので、早朝や夕方など気温が少し下がったところで合間の時間をみつけてウオーキングをしてみたり、自転車を利用してお買い物と運動を兼ねてみたりといったことから始めてみてはいかがでしょうか。自宅や職場などでストレッチを行うことも運動効果が得られますし、よい気分転換にもなります。物足りないなと思ったら少しずつ運動する時間を長くし、強度を少しずつ上げていくようにしてみましょう。

朝に座ったままでできる簡単ストレッチ

ここでは簡単に座ったままでできるストレッチをご紹介します。ひねり運動には内臓を刺激して腸の蠕動運動を活発にする効果、大きく呼吸をすることは脳にまで酸素を十分に行き渡らせて眠気を解消する効果などがあるといわれています。朝、出勤したときや自宅などで行うと身体がほぐれるだけでなく、気持ちもスキッと前向きに一日を過ごせるようになりますよ。

■腕と背中を伸ばす
伸びのストレッチ

身体の側面や背中を意識する

両手を組んで頭上にあげます。このときに腕と脇腹を意識しながら伸ばすようにしましょう。大きく息を吐き、その後はリラックスした状態で呼吸しながら15秒~20秒程度伸ばします。その後、今度は組んだ手を前方へと突き出すようにして同じく15秒~20秒程度伸ばしましょう。このとき身体が前方へと傾かないように注意し、背中が伸ばされていることを意識して行います。背もたれにもたれかからないようにしましょう。

■椅子をつかって身体をひねる
ツイスト運動

椅子を利用して身体をひねる

座った状態で椅子の縁を利用して身体を反転させてひねります。この状態で15秒~20秒程度キープしたら、今度は反対側にもひねって同じように15秒~20秒程度キープします。ひねり運動を行う時は腹部を意識して行うと、腸への刺激となって便秘解消にも役立ちます。



■身体を左右に倒す
側面ストレッチ

脇腹から二の腕にかけてのストレッチ

座った状態でも立った状態でも行うことのできるエクササイズです。右手で左肘を抱え、右側に身体を倒して左の脇腹~腕にかけてのストレッチを行います。15秒~20秒程度行ったら今度は反対側も同じように行います。身体が前に倒れたり、背もたれに体重を預けてしまわずになるべく身体をまっすぐに保った状態で行うようにしましょう。


■胸を開いて大きく呼吸する
深呼吸のストレッチ

胸を開いて大きく空気を吸い込む

頭の後ろで両手を組み、少し胸を丸めるようにした状態から肘を外側に開きます。胸を張る動作とともに鼻から大きく息を吸い込み、その後は呼吸をとめないようにします。鼻から胸へと空気がしっかり入っていく様子を意識して行うとよいでしょう。3秒で空気を吸い込み、3秒かけてまた鼻から空気を出して最初の姿勢に戻ります。これを3~5回程度繰り返します。


簡単なストレッチや運動で予防・解消できる夏バテ。疲れやだるさを感じる前に身体を動かして夏バテ知らずの日々を過ごしましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。