ファンドの宝石箱のここが魅力! 

複数のアクティブ運用のファンドに投資するファンド・オブ・ファンズのスタイルで運用されています。組入れるファンドは日本と新興国を含む世界の株式に投資するもので、運用方針が明確で一貫性があること、純資産が安定的に推移していることなどを重視して選ばれています。運用方針と整合性のある値動きをしているかもチェックされています。

現在は9本のファンドに投資。「さわかみファンド」や「コモンズ30」のほか、長期投資の世界的な老舗運用会社が運用するファンドも組入れられています。

組入れファンドの割合は、景気サイクルに沿って調整されます。上げ局面で目立ったリターンを得るより、市場が下落局面のときに小さな下落でしのぐ「下げに強い」値動きをめざすのも、このファンドの特徴。日本株式4割程度を基本とし、あとは世界の経済情勢や市況に応じて資産配分のバランスが調整されます。

販売会社を介さない直販投信で、販売手数料は無料です。

運用のポイント

1本のファンドで日本を含む世界中の株式に投資したい人に向くファンドです。

1000円から積立購入ができるので、資産形成をしたいけれど継続的に投資に回せる額が少ない、という人にも無理なく始められます。信託報酬は0.945%ですが、純資産が250億円を超えれば0.8925%など、規模が大きくなるごとに信託報酬が下がることになっています。

日本株を多めにして為替リスクを抑える、下げを抑えた運用を心掛けるなど、大きな値動きを避けたい人にも適していますが、海外の老舗運用会社が運用するファンドが組入れられているため、ツウ好みの人は中身をチェックしてみましょう。

「ファンドの宝石箱」ありがとうファンド 商品情報

運用会社
ありがとう投信
信託期間
2004年9月~無期限
基準価格
7867円
純資産総額
約73億円
騰落率
6か月:3.2% 1年:▲9.4% 3年:▲2.1%
信託報酬
0.00945
販売手数料
なし
運用会社URL

※基準価格と騰落率、純資産総額については2012年5月31日時点。基準価格と騰落率は課税前分配金再投資ベース。最新のデータは各社HPの目論見書や運用レポートなどを参考にして下さい。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。