簡単美味しい、牛肉の佃煮

所要時間:20分

カテゴリー:サブのおかず佃煮

 

簡単なのに、クセになるほど美味しい!牛肉の佃煮

牛肉を使って佃煮を作りましょう。佃煮には脂身が少なめの方が冷めてからも美味しいので、牛肉は“切り落とし”で十分!生姜のせん切りをたっぷり加えるのがポイントです。

あたたかいご飯に牛肉の佃煮をたっぷりのせて、薬味ねぎと一味唐辛子を振りかける……、それだけで大満足の一品です。ご飯のお供の他にも、そのままおつまみとしても美味しくいただけます!

牛肉の佃煮の材料(およそ3~4人分

牛肉の佃煮
牛肉 250g
生姜 20g(およそ1~2片)
濃口醤油 大さじ4
みりん 大さじ3
日本酒 大さじ3
砂糖 大さじ2
牛肉は脂身少なめの、「切り落とし肉」または「こま切れ肉」を使いましょう。

牛肉の佃煮の作り方・手順

牛肉の佃煮の作り方

1:材料を用意する

材料を用意する
分量の牛肉と生姜を用意します。生姜は細めのせん切りにして、一度さっと水にさらしてよく水気を切っておきます。
牛肉は多少大きめのカットでも、煮る途中に箸で細かくできるので、特に切る必要もありません。

2:鍋に調味料を合わせる

鍋に調味料を合わせる
鍋を火にかける前に、すべての調味料を鍋の中で合わせておきます。

3:鍋を火にかける

鍋を火にかける
調味料をすべて合わせたら、鍋を火にかけ、沸いてきたら牛肉を加えます。

4:せん切りの生姜も加える

せん切りの生姜も加える
せん切りの生姜も、よく水気を切って牛肉と同じタイミングで加えます。火加減を中火に落として、牛肉に火を通します。

5:途中アクが出ればすくう

途中アクが出ればすくう
火加減は中火のまま、途中アクが出てくればすくい取ります。アクが目立たなければ、特に取る必要もありません。

6:汁気がなくなるまで煮詰める

汁気がなくなるまで煮詰める
煮汁が少なくなってきたら、中火からさらに火加減を弱くして、そのまま煮詰め、汁気がほとんどなくなれば完成です。 火加減や鍋の大きさにもよりますが、牛肉を加えてから10~15分程度を目安に火にかけてください。

ガイドのワンポイントアドバイス

牛肉の佃煮は、ごぼうを加えてボリュームアップしても美味しく食べられます!ごぼうを加える場合は、食べやすいささがきごぼうにして、牛肉と同じタイミングで加えてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。