香港旅行が子連れにもおすすめなワケ

公園にある遊具はカラフルで子どももハイ

夏場の外遊びは気温・湿度が高いため、水分補給に気をつけたい

香港は飛行時間も短いし、買い物やグルメも魅力的だけど果たして子どもを連れて行ってどうなの?と思っているママやパパたちも多いはず。香港で暮らすガイドの意見としては、香港は子連れでも十分楽しめるデスティネーション。ベビーやキッズ連れ、家族で香港を満喫していただくべく、まずは子連れにおすすめな理由からご紹介します。

香港人は子どもが大好き!

香港の人はお年寄りと子どもを大事にします。乗り物では子連れや妊婦さんにはすぐに席を譲ってくれるし、声もよくかけてくれます。階段でベビーカーを持つのを手伝ってくれたり、店員さんが子どもをあやしてくれたり……なんていうのも普通の光景。

赤ちゃん連れにもやさしい香港

改札口もベビーカー専用のがある駅も

MTRの駅、階段の横にはリフトがある

香港の街も基本的にベビーを連れていても困ることはありません。多くのショッピングモールのトイレ内にはおむつ替え台が設置されています。ただ、難点は授乳室がほとんどないということ。育児休暇が短い香港では、授乳自体が一般的ではないんです。そのため在住日本人ママなどは、外出時にはスターバックスやパシフィックコーヒーなどソファのあるコーヒーショップで授乳をしています。

交通手段によく使われるMTRのほとんどの駅はエレベーター(香港ではイギリス式にリフトといい、GFが日本の1階にあたります)やエスカレーターがついているので、ベビーカーでの移動も大丈夫。トランクに荷物を入れると追加料金が加算されるタクシーでも、ベビーカーは無料です。ただ九龍サイドの女人街などは道幅も狭く、人が多いのでスリングや抱っこ紐の方がおすすめ。おむつや粉ミルクは日本のものもスーパーで買えるので、現地調達も可能です。

子どもも大好き美食の街

オープンエアレストランにあるプレイエリア

キッズメニューやハイチェアを置いているレストランも多い

香港は大人だけでなく、子どもにとってもおいしいものがたくさんある街。中華料理では薄味のお粥や麺が食べられるし、イタリアンでは本格的なピザやパスタも楽しめますし、フードコートでは世界各国の料理がリーズナブルに味わうことができます。マンゴーがたっぷり入った香港スイーツや日本にはまだ上陸していないシカゴのポップコーン屋さんなどのスナック系も要チェック! ランチタイムは高級レストランも子連れで問題なく入れますが、予約の時に子連れであること、ハイチェアが必要かを伝えておくとファミリーにとって、居心地のよいテーブルを用意してくれることでしょう。

キッズ用品も買い物天国

スタンレーマーケットは子ども服の宝庫

ひとつの店で多く購入すれば値段交渉もスムーズ

世界各国のキッズグッズが揃っている香港なので、洋服やおもちゃも選択肢が豊富! 例えば子ども用の日焼け止めひとつをとってみてもアメリカ、フランス、オーストラリア、日本のものが揃います。英語の絵本やDVDの種類も豊富。妊婦さんにとってもマタニティーグッズだけでなく、ベビー用品もカラフルでかわいいものが揃うので生まれてくるベビーのことを考えながら楽しいショッピングができそう。マーケットやアウトレットでは格安で子ども服を購入することができますよ。

子どもが楽しめるハッピースポットもたくさん

香港島をはしる二階建てトラム

料金は2ドルでリーズナブル

香港ディズニーランドやオーシャンパークなどのテーマパークはもちろんですが、アドミラリティーにある香港公園やビーチにある公園など遊べる場所もいっぱいあります。暑い時は香港の子どもたちがよくしているように、屋内にある子ども向けの遊び場(プレイルーム)に行ってみるのもいいですね。現地の子どもたちと遊ぶのも旅行の醍醐味。乗り物好きな男の子にとっては二階建てバスやフェリー、トラムを移動手段として使うだけで忘れられない思い出になることでしょう。

子連れで気になる排気ガスは?

空気が悪いと言われていますが、香港に住んでいる子どもたちは普通に外遊びもしているので、あまり神経質になることはありません。ただ繁華街は車が多く、排気ガスで空気は汚いのでベビー連れで長時間いることは避けた方がいいかもしれませんね。

香港在住ママたちが運営しているサイト『香港ママの便利帳』はおむつ替え場所リストから日本語の通じる病院など、役に立つ情報が満載。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。