世界三重奏ここが魅力!

実質的に外国債券50%、外国株式25%、外国リート25%に分散投資が行われ運用されます。
どの資産クラスも銘柄は分散されており、資産配分割合の1番大きい外国債券はAA格以上の債券しか組み入れていないことから、リスクを抑えた運用を行っています。原則として、為替ヘッジは行われていませんが、広範囲に通貨を分散させていることが、為替変動リスクを抑えているようです。

毎月の分配金は1万口当たり20円と多額ではありませんが、ほぼ毎月の投資対象からのインカムゲイン(利子や配当)で賄われているため、健全度も高く、分配金の減額リスクが低い投資信託と言えるでしょう。

2005年の設定来、税引前の分配金を再投資した場合の年間収益率は、2008年を除くとすべてプラスの収益となっています。堅実な運用成績が評価されて、2011年には、モーニングスターアワード、バランス型部門にて優秀ファンド賞を受賞しています。

運用のポイント

毎月の分配金のほかに、6月、12月の年2回、ボーナス分配を行うことになっていますが、分配金の安定を重視しているため、過去3年では1度もボーナス分配は出されていません。
あくまでも、安定した分配金を受け取るというスタンスで保有するべきでしょう。

資産クラス、通貨共に広範囲に分散投資が行われている分、リスクは抑えられていますが、高い収益を得にくい運用スタイルです。高収益を望むよりも、心穏やかに安定した分配金を中・長期で受け取り続けるスタンスでポートフォリオに組み入れるべきか判断するのがよいと考えられます。

安定しているとはいえ、購入後は、定期的にマンスリーレポートや運用報告書などに目を通すことは忘れないでください。

「世界三重奏」DIAM世界インカム・オープン(毎月決算コース) 商品情報

運用会社
DIAMアセットマネジメント
信託期間
2005年9月~無期限
基準価格
6239円
純資産総額
約116億円
騰落率
6か月:5.16% 1年:▲4.34% 3年:19.70%
信託報酬
0.0126
販売手数料
上限2.625%
運用会社URL

※基準価格と騰落率、純資産総額については2012年5月31日時点。基準価格と騰落率は課税前分配金再投資ベース。最新のデータは各社HPの目論見書や運用レポートなどを参考にして下さい。

【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/6/1~2022/6/30まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。