ノートパソコン/ガイドのおすすめノートパソコン

最新CPU&新デザインで登場!東芝 dynabook T552/47F(3ページ目)

東芝のノートパソコンは機種が豊富だが、その中でも、価格とパフォーマンスに優れているのがT552だ。最新モデルは、筐体も新しくなり、最新CPUを搭載するなど、コストパフォーマンスが一気に向上した。

上倉 賢

執筆者:上倉 賢

ノートパソコンガイド

省電力を意識したソフトやサービス

パネルオープンパワーオンや、無線LAN(Wi-Fi)の状況をログイン前に確認できる「東芝無線LANインジケーター」、パソコンの前にいないときに内蔵されたWebカメラが人間を関知し、自動的に画面を消灯する機能「TOSHIBA Active Display off」など、細かな使い勝手を向上する機能は旧モデルや他機種同様に搭載している。

省電力面でも、ピークシフト機能は従来同様搭載し、ECOモードに一発で切り替えられるECOボタンやECOユーティリティーも搭載し、元々省電力のノートパソコンでもさらに省電力を意識できるようになっている。
T552

ECOユーティリティーでの消費電力グラフ


他のソフト面では、最近利用者が増えているIP電話のSkypeをプリインストール。Officeソフトの操作方法を学習できる動画レッスン機能もSkype版を搭載している。また、前述のECO機能も同様に学習ソフトを利用できる。
T552

インターフェース部分


一般的なパソコン用途で使用するなら、T552/47Fは問題なく利用できる機能や使い勝手のバランスの取れた製品だ。パソコンの使い方がよくわからない方にも、内蔵するソフトやサポートサービスで困ることはないだろう。

動画編集などでメモリを増設するような場合、前述したように8GBメモリーを搭載しCore i7を搭載した上位モデルもあるので、価格差次第では上位モデルを選んだ方が、導入時のトータルコストや将来性が高いこともある。それなりにパソコンを活用したいが、動画編集などまでは必要ないという方におすすめの製品だ。


【関連サイト】
東芝 dynabook T552

【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で人気のノートパソコンを見るAmazon で人気のノートパソコンを見る
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます