服が散らかりやすい。その原因の一つは、脱いだ服がどんどん溜まるからです。これは、がさつだからそうなるのではなく、もう1回着てから洗濯したいというのは、誰にでもあること。乱雑な状態にならないようにすればいいわけです。そこで、市販の商品を使って簡単に片付ける方法をご紹介します。


収納ケースでまとめて管理

収納ケース

乾燥機で使うダウニーシートを入れておくと洗濯したての香りに

通勤をしていたり、外出する機会が多かったりすると、もう1回着てから洗濯という服が何枚か溜まるのは仕方がありません。でも脱いだ服と洗濯した服を、同じ引出しや棚に入れたくないから、椅子の背に掛けておいたり、山盛りに積み上げてしまったり。どうにも収まりが悪く部屋が散らかります。

いい加減にバサバサと重ねていくと、変なシワができて着られない。それならば洗濯しようという結論になって、無駄に溜めていたことを腹立たしく思うことも。せめて、服を軽くたたんでから収納ケースに収めておけば、もう1回着るチャンスが巡ってきます。ケースを使うことで、着てから洗濯するという予定通りの流れができる。ケースから溢れないよう中身を定期的に確認する。そんないいサイクルがもたらされます。


収納ホルダーにポンと入れるだけ

シャツホルダー

収納ホルダーは無印良品やIKEA、Francfrancなどでも手に入る

繰り返し着用することの多いカーディガンやボレロ、ストールなども、意外と置き場所に困るものです。ハンガーに掛けるほどでもないし、型崩れが気になるといったことも。また、デリケートな薄手素材のものや小さなものは、他のものと一緒に収納ケースに入れると傷むとか、うずもれてしまうかもと心配になるかもしれません。

そんなときには、パイプにセットして使う収納ホルダーを利用します。ハンガーを数本ぶん減らしてでも、このホルダーを吊るしたほうが片付けやすくなるのでオススメです。セカンドバッグやポーチ、折りたたみ傘など、外出用の小物を収めるためにも使えます。レギンスやカジュアルパンツなど、出番の多いものにもピッタリです。


脱いだらすぐに引っ掛ける

ドアフック

寝間着や部屋着をカゴバッグに入れて吊るすセンスは女子ならでは

服が散らからないようにするには、脱いだ瞬間に片付けるのがコツ。そこでおススメしたいのが、フックを使って引っ掛けるだけの片付け方です。これなら子供でも面倒くさがりでも、その場でサっとできてしまいます。

壁に取り付けるフックもありますが、ドアの上にセットするタイプなら、工具がなくても簡単。ハンガー掛けの服も吊るせるので、その日に着たジャケットに風を通すこともできます。そのへんにチョイ置きしがちなカバンや帽子なども、ヒョイと掛けるだけ。フックが複数ついたタイプを使うと、いっぺんに片付きます。バッグがいくつも引っ掛けられる商品もあるので、片付けたいものに合わせて選びましょう。

よく使う道具やおもちゃなども散らかりやすいですね。こちらもカゴを使うと、スッキリきれいに片付きますよ。形がしっかりとしたものを使いたいなら、ボックス収納もおススメです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。