正しい塗り方手順で、ムラ焼けを防止

日焼け止めのムラ付きを防ぎ、均一な仕上がりを作ることが美白への第一歩につながります。毎日塗る物だからこそ、正しい塗り方の手順をおさらいしてみて下さいね。ムラ付き以外にも、意外とやってしまいがちなNGが薄く付け過ぎること。薄く伸ばすと効果が半減してしまうので、説明書に書かれている分量を守りましょう。
ムラ塗り・塗り忘れには注意!

ムラ塗り・塗り忘れには注意!

基本的には、ファンデーションを均一に塗る要領と同じです。頬の中心からうぶ毛に沿って頬全体に伸ばします。額も中心から生え際に向かって伸ばし、そのまま鼻筋へ。小鼻や口周りも忘れずに塗り、最後に必ず首にも伸ばしましょう。もっとも影響が出やすい頬骨の高い部分や鼻骨などは、軽く重ね付けしても良いと思います。

フェイス以外では手や足などのボディはもちろん、ショートやポニーテールなどのアレンジで耳が出てしまう場合は、首の後ろにも塗ることをオススメします。サマードレスなどでデコルテが開いているお洋服を着る時も、しっかりと胸元に塗って下さい。

崩れたらこまめに付け直して美白をキープ

夏は汗や皮脂などでメイクが崩れやすいシーズン。“ファンデの崩れ=UVの崩れ”になるので、こまめに直すことが大切です。濡らしても持ち歩きができるケース付きのスポンジをひとつポーチに入れておくとメイク直しも便利に。

水でスポンジを塗らし軽くしぼって、ヨレた部分や日焼けをしやすい頬骨や小鼻を綺麗に拭き取ります。水分を与えることで、メイクとなじみやすくなりベタつきもすっきり取れますよ。メイクを落としていない周りとの境目をなじませて、再度日焼け止めとファンデーションを塗り直せば簡単にできるメイク直しの完成です。

メイク直しに役立つ優秀ファンデーションは?

chanel ル ブラン メークアップ ベース

chanel ル ブラン メークアップ ベース


シャネルの「ル ブラン メークアップ ベース」のミモザは、どのファンデーションとも相性が良いのでメイク直しの時にも使えるアイテム。イエローベースで白くならずにクスミも解消し、透明感が出てツヤも感じる肌に仕上がります。

■DATA
「ル ブラン メークアップ ベース」20ミモザ 6300円 シャネル
http://www.chanel.com
 
美容のプロが教える 絶対焼かない!徹底UVケア15選 インデックス
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。