うなぎの寝床式のマンションは、
リビング以外は圧迫感を生じやすい

一般的なマンションの住戸の形は、スパンの幅が狭く奥行きが長い長方形で、よく“うなぎの寝床”にたとえられます。スパンは6~7mが一般的で、8mを超えるとワイドスパンといわれ、販売上のアピールポイントになるくらいです。

一般的な3LDKのマンションでは、バルコニー側(南向きが好まれる)にリビング・ダイニングと洋室が1室、廊下側に洋室が2室(北向きが多い)設置されるのが一般的です。バルコニーや廊下に面した部屋には窓がもうけられますが、角部屋でない限りは、ひとつの部屋に2面の採光はとれません。

ほとんどの場合、キッチン、洗面室・浴室、トイレには窓がありません。たまに、バルコニーに面したキッチンや窓のある浴室もありますが、珍しいため効果的なセールスポイントになります。
マンションプラン

図1.マンションプラン

開放感、通風・採光はあまり期待できないマンション。反面、冬温かく、暖房効率には優れています。次のページで。