「半夏厚朴湯」はどんな人・どんな症状にいいの?

イメージ

女性に多いとされる梅核気。実際は男性もけっこういます

のどに何か物がつまったような異物感や、吐き気がある時に。気分がふさいで、憂うつ感がある時に。

「半夏厚朴湯」の効果

梅核気(ヒステリー球)、慢性咽炎、慢性気管支炎、胃部の停滞感、胃弱のほか、ヒステリー、うつ病、神経症などにも適用できます。

「半夏厚朴湯」に入っているもの

半夏(カラスビシャクの塊茎)、厚朴(モクレン科などの樹皮)、茯苓(サルノコシカケ科の菌核)、生姜(ショウガの根茎)、蘇葉(シソ科の葉や枝先)

「半夏厚朴湯」が合わない人

配合されているほとんどの生薬が温性で乾燥させる性質なので、熱の症状がある場合は不向きです。

「半夏厚朴湯」の飲み方などの注意点

■飲む時間
一般的には食事と食事の間の空腹時、食事の前の30分前など、お腹が空で胃に吸収されやすい時期に飲みます。胃腸が荒れやすい人は食後、通便させるクスリは空腹時の服用を勧める場合もあります。なお、食間に飲み忘れた場合は食後でいいので、飲みましょう。

■「水」or「白湯」?
症状によって、冷たい水で飲むほうが効果的な場合(その反対も)もありますが、基本的には生薬を水で煎じた「煎じクスリ」の場合は、人肌に冷まして飲みます。生薬の有効成分を抽出して乾燥・加工した「エキス剤」の場合、お湯に溶かしたり、水と一緒に飲んでください。

「半夏厚朴湯」の副作用

体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質などの場合、不快な症状や副作用が出る場合があります。ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

「半夏厚朴湯」が買える場所

漢方薬局や病院、診療所、ドラッグストアなどです。

●代表的な商品名:(アイウエオ順)
  • 一元 半夏厚朴湯 (一元製薬)
  • クラシエ 半夏厚朴湯エキス顆粒 (クラシエ薬品)
  • ツムラ漢方 半夏厚朴湯エキス顆粒 (ツムラ)
  • 半夏厚朴湯シンワ (伸和製薬)
  • 半夏厚朴湯エキス 細粒 (松浦漢方)

「半夏厚朴湯」の漢方的メカニズム<中級者向けトリビア>

気と痰が詰まることで起こる、のどの異物感や嘔吐、胸苦しさをとる処方。梅の種がのどに詰まったような感じがするので(実際には検査してもなにも見つからない)、「梅核気」と呼ばれています。

■具体的な生薬の効能
主薬の半夏が痰をとり、消化機能を整えます。茯苓が半夏を補助し、生姜が半夏の毒を抑えるとともに嘔吐を止めます。厚朴は気の停滞をスムーズにし、お腹のハリを解消し、蘇葉もまた気をすっきりとさせて胸を広げ、消化器の働きをよくする働きがあります。

「半夏厚朴湯」のおまけのエピソード

ストレスなどで気が体内に停滞し、消化機能が低下した結果、のどあたりに物がつっかかるような違和感が起こるのですが、現代人にとりわけ多いということではありません。

漢の時代の有名な古典である『金匱要略(きんきようりゃく)』に、「婦人ののどに炙らん(あぶり肉)が詰まっているような症状には、半夏厚朴湯が適切である」と書かれているように、何千年も昔からある処方であり、神経が繊細なタイプによくなりやすいとされています。

なおこの処方は、小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)に厚朴と蘇葉を加味したものともいえます。小半夏加茯苓湯は嘔吐止めに優れた作用があり、つわりや乗り物酔いの漢方としても有名です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項