インテリア

モノを少なくすることで、身軽に快適に暮らす一人暮らし女性の部屋を紹介します

憧れの街・自由が丘で暮らす一人暮らし女性の部屋を取材しました。白を基調としたナチュラルなインテリア。持ち物はごく少ないシンプルな暮らし。だからこその快適で身軽な暮らしを紹介します。

その他の一人暮らしの部屋のインテリアを紹介した記事は、「一人暮らしの達人」シリーズとしてまとめてありますので、ぜひ併せてご覧ください。

部屋の間取り

taemiさん(30代前半)
会社員
一人暮らし歴8年

-Room Data-
自由が丘在住
家賃:85,000円(管理費込)
間取り:1K
間取り図

間取り図


オシャレなお店や高級住宅街といったイメージのある自由が丘。taemiさんは、その駅から徒歩圏内にお住まいです。人気の街だけにさぞ家賃が高いかと思いきや、面積27m2の1Kで85,000円というのは、なかなかオトクな物件のように思います。

こちら、大家さんも同じ建物に住んでいる物件。「大家さんが近くにいると面倒なこともあるかと思いましたが、必要な時以外は一切干渉されることなく、それでいて必要な時はすぐに対応していただける良い大家さんなので、安心感も大きく、現在はとても快適に暮らしています」と、taemiさん。また、自由が丘という地域は治安も良く、閑静な住宅街で住みやすいところだそうです。

次は、白を基調としたナチュラルなインテリアを紹介していきます。