パートナーのイメージが具体的なほど結婚に近づく?!

//

彼女がお金持ちと結婚して手に入れた本当に大切なものとは?

お金持ちと結婚したいわゆる玉の輿に乗って幸せな結婚をした女性に聞くと、まずは、「周囲の人にしっかりと自分がどんな男性と結婚したいか」という意志を明確に伝えたそうです。

ここで大事なことは漠然とした男性イメージでなく、具体的に誰にでもわかりやすく自分が求めている男性像がどんな人なのかを伝え、さらにそんな人を「紹介して欲しい」とストレートにお願いしたことです。

確かに結婚したいと思っている人の中には、「誰かいい人がいたら紹介してくださいよー」なんて冗談っぽく言ったり、または会社や周囲の友人には、あまり結婚に興味がない素振りをしているのに、実は週末にはパーティーに行ったり、お見合いしたりしている人もいるかも知れません。

もちろん、それぞれのタイプによって男性との出会い方があるので、何が正しいとは言えませんが、彼女の場合には具体的に「こんな仕事してる人が良いです!」など希望のディテール(詳細)を伝えていたそうです。

確かに言われる側も、ただ「誰かいい人いませんか?」なんて聞かれても印象が薄く、どこまで本気なのか判断しかねますが、「私はお金持ちと結婚したいから、知り合いで素敵なお医者さんいたら紹介してください!」と言われると、そんな人が周りにいたり、知り合ったら彼女が思い出されて紹介しやすいものです。

実際、その彼女もそんな積極的な行動が実を結び、あるお医者さんとの縁談が舞い込んできました。彼女はその彼と出会って、わずか3ヶ月で婚約、そして半年後には結婚することになったのでした。

ここまでは、他人が聞けば何とも順調な流れですが、実はこの彼女は重要なポイントを見落としていました。


お金持ちと結婚することだけを目標にするのは危険!

彼女は結婚を前提に、お医者さんの彼と付き合い始めましたが、早くも彼との間に違和感を感じ始めたそうです。なぜなら結婚してからも働きたいと願う彼女に対して、彼は自分のパートナーは専業主婦になって、自分を支えて欲しいという希望だったのです。いわゆる結婚生活後の価値観の相違です。

その時点で、あくまでも「結婚すること」が目的のゴールになっていた彼女は、そんな違和感を必死に気付かないフリをしようとします。そして彼女は自分の中で、「きっとお金持ちと結婚すれば幸せになるのだから・・・」と自分に言い聞かせます。何よりもすでに婚約もして結婚への準備がアッという間に進んでいったので、家族などを考えれば、今さら引き返せないというのも本音だったと言います。

結婚する彼は裕福だし、それは自分が今の生活からリセットするために望んだ結婚なのだからと、常に肯定しようとしている自分がいたのでした。直感的には何か不安を感じていたけれど、当初の結婚するという目的を手に入れる寸前だからこそわかる自分の本心・・・ 彼女は誰でにも言えない虚しい気持ちの中で、自分が何をやってんだろうと思う時もあったそうです。

続いて、そんな彼女が結婚して気付いた自分の本当の気持ちとは?