シェルパーツのフレーミングペンダント 材料&作り方

難易度:★★☆☆☆
所要時間:★★★★☆
サイズ:直径約33mm(ペンダントトップ)
チェーン長さ:約42cm
  • シェルプレートパーツ 直径30mm……1個
  • 丸小ビーズ 白……96個
  • 丸小ビーズ グレー……72個
  • 丸小ビーズ 透明……30個
  • 特小ビーズ 透明……6~8個
  • 淡水パール ブルーブラック 約6mm……8個
  • 淡水パール 平型 白……22個
  • チェコファイアポリッシュ グレー……24個
  • テグス 2号 透明……200cm
  • チェーン 古美銀……20cm程度
  • 9ピン 古美銀 0.7×16mm以上……本
  • 丸カン 古美銀 0.7×4mm……20個
  • カニカン 古美銀 なるべく小さいもの……3個
  • アジャスター用のチェーン……好みで
シェルパーツのフレーミングペンダント

丸小グレーの数に注意!

1.シェルパーツを包むフレームを作る。テグスの中央(★)に丸小ビーズを通し、図のように編む。

 
シェルパーツのフレーミングペンダント

シッカリ編んで強度UP!

2.続いてフレームの側面を編む。図では分かりやすいように間隔をあけて記しているので、実際にはテグスを引き締めながら、フレームが立体的になるように編む。
途中で、チェーンとの接続部分(特小ビーズ)を編むのを忘れずに。※特小ビーズの数は好みで増減して良い。

 
シェルパーツのフレーミングペンダント

Aのビーズの位置を意識して

3.フレームの裏面を編む。編み終える前に、中にシェルパーツを入れる。
編み終えたテグスは、近くのビーズに適当に通してから切る。できるところまで編み戻ると、さらに丈夫になる。

 
シェルパーツのフレーミングペンダント

隙間ができないよう、ピン丸めは慎重に

4.淡水パールに9ピンを通してピンの先端を丸め、左図のようなパーツを作る。※平型パールの間には丸小透明ビーズを通す。
ピンの丸め方

 
シェルパーツのフレーミングペンダント

丸カンの数と位置に気を付けて

5.チェーンを1cm長さにカットしたものを16本作り、手順4で作ったパーツやカニカンと、図のように丸カンでつなぐ。

 
シェルパーツのフレーミングペンダント

カニカンチェーンは付け替えも簡単!

6.ペンダントトップの特小ビーズのループに、カニカンをひっかける。
※カニカンの向きがループと水平になってしまうときは、丸カンを足して、ループと直角になるよう調整する。

 
シェルパーツのフレーミングペンダント

繊細さに思わずうっとり!?

完成!
全体に歪みやゆるみがないかを確認し、完成。
シェルプレートの模様の位置も、忘れずに調整すること。

 
シェルパーツのフレーミングペンダント

アジャスターチェーンは好みのタイプを

ネックレスチェーンの両端にカニカンをつけると、図のようにアジャスター用のチェーンを足して長さを簡単に調整できます。もちろんそのまま使うこともできるので、おすすめです!

 
シェルプレートのサイズや厚みが多少異なっても、フレーム部分の「目」の数を増減することでたいていは対応できます。心に響くパーツを見つけたら、ぜひ作ってみましょう。手作りならではの、味わい深いアクセサリーができますよ!

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でビーズを見る

Amazonでビーズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。