世界遺産だけじゃない! アユタヤの水上マーケット

水上マーケット

水上マーケットのボートで買って食べるタイ料理はいつもより美味しく感じるのが不思議!

タイはその昔、東洋のベニスと呼ばれていたほど運河を利用した水上交通が、
一般的でした。その頃、今の屋台街のような存在だったのが水上マーケット。果物や野菜などを積んだボートが運河を行き交う様子はまさに古き良き時代のタイという光景そのもの。その後、道路も整備され市場は水上から陸上へと移り、国中にあった水上マーケットは姿を消してしまいました。

しかし、ここ数年はタイの文化を継承していこうという動きが活発になり、以前は外国人観光客向けの「ダムヌン・サドアック水上マーケット」のみだった水上マーケットが、バンコク郊外のみならずあらゆるところに新しくオープンしています。そのほとんどは外国人よりもタイ人の観光客が多く週末にもなると家族連れでどこも大賑わい。

今回はそんな水上マーケットを世界遺産の街アユタヤから2箇所ご紹介します。せっかくアユタヤを訪れたなら、遺跡観光のあとに是非水上マーケットまで足を運んでみてはいかがでしょうか。

アヨダヤ水上マーケット

水上マーケット,アユタヤ水上マーケット

水上マーケットだけでなく、タイの昔の街並みも見ることができる

2010年に出来たアユタヤの新名所がここ「アヨダヤ水上マーケット」。池と水路のまわりにタイの古い街並みと運河の様子を再現したレトロな雰囲気のマーケットで、名前もあえて昔の呼称「アヨダヤ」とつけられています。

アヨタヤ水上マーケット

お土産屋さんの中でも多いのはTシャツや帽子、昔ながらのおもちゃが売られている店

池の周りにはお土産屋さんや洋服屋さんが軒を連ねていて値段もローカル価格なのですべてお手頃。またタイの甘いコーヒーが飲めるカフェやタイ古式マッサージのお店など、暑い中ほっと一息つけるスポットもたくさんあり助かります。水辺とは言え、炎天下の中、歩き回ると体力が消耗するので、このようなスポットで休憩しながら散策してくださいね。

 
タイのお菓子undefined水上マーケット

タイのお菓子をつまみながら水上マーケット内を散策してみては?

もちろん水上マーケットの醍醐味、池に浮かぶボートでのお買い物も楽しめるように屋台ボートが水路の上に並んでいるエリアがあり、そこではタイのお菓子が売られています。そして、このエリアとは別にボートでヌードルやソムタムなどのタイ料理を購入して、ゴザの席で食べることの出来るエリアもあります。ゴザの上に置かれたちゃぶ台のようなテーブルに、ボートで買ったタイ料理を並べて頂く食事ものんびりできておすすめです。

 

遊覧船undefined水上マーケット

水上マーケットが好きなのは外国人だけではない!タイ人もおおはしゃぎ

また水上マーケット内を船で周る遊覧船もあり(大人20バーツ、子供15バーツ)、船の上では遊びに来た人たちが楽しそうにはしゃいでいます。遊覧船の他にも鯉の餌やりやアユタヤ王朝時代の演劇などのアトラクションも充実していて、まさにタイの文化を1カ所で楽しめてしまうテーマパークといったところ。

アユタヤの遺跡があるエリアから車(またはトゥクトゥク)で20分程度。是非、遺跡観光の後にでも訪れてみてはいかがでしょうか? アユタヤの伝統文化から日本人にとってもどこか懐かしいのどかな風景を堪能できること間違いなしです。

<DATA>
Ayothaya Floating Market(アヨダヤ水上マーケット)
住所:65/19-7, Phailin Ayuthaya
TEL:03-588-1733
営業時間:10:00~17:30
入場料:無料