東京タワーの眺め方

undefined

 

眺望ひとつとっても、バリエーションが豊か。例えば、下の画像はキッチンのコンロの前に立ったところから見える景色。なんと、東京タワーがちょうど窓の真ん中におさまった。じつにユニーク。これは、ポジションを上手く計算しているだけでなく、一般的なキッチンに見られるようなコンロを壁に向けては成立しないアイデアであることに注目したい。「ホームパーティを楽しむ」ライフスタイルを熟知しているがこそ実現したレイアウトなのである。
キッチンからの眺め

キッチンからの眺め

ステージのようなキッチン

undefined

 

キッチンに立つ人が主役。そんな意図が下の画像から感じ取れないだろうか。まるでステージのような造りである。連続した照明も上質なインテリアとしても成立している。

また、画像には映っていないが、キッチン横のバルコニーも開放感を得るのに効果的。たんに窓があるだけの開口部とバルコニーで床が連続しているのとでは落ち着きの度合いがまったく異なってくるのではないかと想像する。

キッチン

キッチン


リビングの棚で表現できること

undefined

 

上等な設備に、仕上げ材。高級感で統一されているかと思えば、生活感をあえて隠すような無理のある住まい方を強いない点も面白い。例えば、下の画像はリビングを撮ったもの。壁一面が棚である。ここには、旅先の思い出の一枚や趣味の道具を置くのだろうか。好きな物を、いつも見て触れられるように。訪ねてきたゲスト全員にいちから自己紹介しなくても済むように。PP分離の間取りだからこそ、この棚に個性が集約されるような気がする。
ダイニングからリビングを見る

ダイニングからリビングを見る


【関連記事】
タワー最高峰『六本木ヒルズレジデンスC』
「六本木ヒルズレジデンス」の印象<ガイドブログ「住宅ブランドの実際」>
タワーマンションの優れた間取り15選

【Fb】
高級マンション『LUXERY RESIDENCE』
室内インテリアや高級家具の画像、コメントを更新中。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。