「葛根湯加川きゅう辛夷」はどんな人・どんな症状にいいの?

イメージ

寒気のするカゼの症状プラス、鼻疾患がある人にオススメ

ぞくぞくっと寒気のするカゼに、鼻水、鼻づまり、頭痛がある場合に。

「葛根湯加川きゅう辛夷」の効果

感冒による頭痛、鼻水、鼻づまりに。蓄膿症、慢性鼻炎、慢性副鼻腔炎など、鼻の症状がでる時にオススメです。

「葛根湯加川きゅう辛夷」に入っているもの

葛根(マメ科クズの根)、麻黄(マオウ科の地上茎)、桂枝(クスノキ科のケイの若枝や樹皮)、芍薬(シャクヤクの根)、生姜(ショウガの根茎)、大棗(クロウメモドキ科の果実)、甘草(マメ科などの根やストロン)、川きゅう(セリ科の根茎)、辛夷(モクレンなどの花蕾)。

「葛根湯加川きゅう辛夷」が合わない人

葛根湯同様、体力のない小児や年配者には注意が必要です。なお、粘っこい鼻水には、桔梗石膏を加えるとなおベターです。

「葛根湯加川きゅう辛夷」の飲み方などの注意点

■飲む時間
一般的には食事と食事の間の空腹時、食事の前の30分前など、お腹が空で胃に吸収されやすい時期に飲みます。胃腸が荒れやすい人は食後、通便させるクスリは空腹時の服用を勧める場合もあります。なお、食間に飲み忘れた場合は食後でいいので、飲みましょう。

■「水」or「白湯」?

症状によって、冷たい水で飲むほうが効果的な場合(その反対も)もありますが、基本的には生薬を水で煎じた「煎じクスリ」の場合は、人肌に冷まして飲みます。生薬の有効成分を抽出して乾燥・加工した「エキス剤」の場合、お湯に溶かしたり、水と一緒に飲んでください。

「葛根湯加川きゅう辛夷」の副作用

胃腸虚弱、体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質など場合、不快な症状や副作用が出る場合があります。ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

「葛根湯加川きゅう辛夷」が買える場所

漢方薬局や病院、診療所、ドラッグストアなどです。
代表的な商品名:(アイウエオ順)
  • オオクサ鼻優 (大草薬品)
  • 葛根湯加川きゅう辛夷 (ツムラ)
  • 葛根湯加川きゅう辛夷エキス細粒 (松浦漢方)
  • 葛根湯加川きゅう辛夷シンワ (伸和製薬)
  • クラシエ 葛根湯加川キュウ辛夷エキス錠 (クラシエ製薬)

「葛根湯加川きゅう辛夷」の漢方的メカニズム<中級者向けトリビア>

寒気のするような風寒型の感冒で、頭や首、背中などのこわばりや痛みが出るようなときに葛根湯を用いますが、これに散寒・解表作用をプラスし、風寒の鼻閉を治します。

■具体的な生薬の効能
葛根湯で汗をかかせてカラダや経絡を温め、経絡に滞っている気・血・水の流れをスムーズにさせて、こわばりや痛みをほぐします。これに「川きゅう」が血流を良くして痛みを止め、「辛夷」が鼻閉を改善させます。

「麻黄湯」のおまけのエピソード

「葛根湯」は『傷寒論(しょうかんろん)』という、感染症など流行病の治療について多く書かれている医書の中にある処方のひとつですが、この「葛根湯加川きゅう辛夷」は日本の経験方、つまり日本独自で生まれたものです。

このように経験的に日本で加味された方剤例としては、神経の高ぶりを鎮める「抑肝散」に陳皮と半夏を加えた「抑肝散加陳皮半夏」や、桂枝茯苓丸にヨクイニンを加えて皮膚の化膿症などによい「桂枝茯苓丸加ヨクイニン」などがあります。

処方数はそう多くありませんが、実際に臨床で使われていることからもわかるように、かゆいところに手が届く良薬であるのは間違いなさそうです。

ちなみに葛根湯加川きゅう辛夷に配合されている「辛夷」は、モクレンのつぼみ。上を向いたふさふさの蕾が、春になると大きく開きはじめます。街路樹や公園などに植えているところも多いので、ぜひ探してみてくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項