樹木をおしゃれに見せる屋外照明

おしゃれな屋外照明

写真1.玄関の植栽を上から照明した例

日本の住宅では、広い庭をもつことは難しいかもしれませんが、小さな空間も工夫次第では、ドラマチックに見せることが可能です。庭を照明することで、室内と屋外が繋がって見えることもあり、空間に奥行きを感じ、広がりが生まれます。

また、庭と言えるほどのスペースがなくても、例えば一本の樹木を明るく照明するだけで、印象を変えることができます。

例えば、写真1は、玄関入口の植栽とプランターを上からスポットライトで照明しています。上から照明すると、床面に光りが広がるため、植物を見せると同時に明るさも確保できます。
 
植栽の照明例2

写真2.下からライトアップした例(設計:TKO-M architects)

写真2は、玄関のシンボルツリーを差し込み式のLEDスポットライトで、下からライトアップしています。1灯でも十分明るく、葉が茂る時期には、より印象的に見えます。樹木のライトアップでは、樹木の成長に合わせて、器具の取り付け位置を変えられる差し込み式がおすすめです。

屋外用のコンセントから電源をとる庭園灯やスポットライト器具は、後からの設置も簡単です。そのため新築時に樹木のレイアウトや大きさが決まっていない場合でも、ある程度の広さの庭であれば屋外用のコンセントを用意しておくと良いでしょう。また、コンセントにタイマーが内蔵されているタイプは、暗くなると自動で点灯し、タイマーで消灯できるので便利です。
 
LED Next Stageタカショーデジテックの展示

写真3.壁面を照明した例(LED Next Stageタカショーデジテックの展示)

また、スポットライトで照明する場合は、生活者や訪問者に眩しさを感じさせないように、ルーバー付のものを選んだり、光源が見えにくい位置に取付けるなどの工夫が必要です。

写真3は、植栽の奥の壁を照明して、植栽をシルエットを見せています。葉が茂らない樹木や、ベランダ、中庭など半屋外のような空間を、より明るく見せたい場合にはこの手法もよいでしょう。また、写真のように屋外用のスタンドを置いてふんわりと壁面などを明るくするのもおすすめです。広めのベランダやウッドデッキにおいて、屋外で過ごすのも気持ちよさそうです。
 

ガーデン文化を発信するタカショー 

タカショーデジテックの展示ブース

写真4.LED Next Stage2012 タカショーデジテックの展示ブース

低ポール

写真5.低位置型器具の種類も多い

株式会社タカショーは、ガーデン文化を世界に発信しながら、やすらぎのある屋外空間づくりをめざすガーデン資材メーカーで、フェンス、ウッドデッキ、タイルなど施工が必要なエクステリア資材から、ガーデンファニチャー、プランターといったガーデン用品まで総合的に扱っています。

 
和風器具

写真6.日本庭園に合う和風器具で、ゆらぎ効果がある。

照明分野では、LEDを中心に、低位置型(ボラード)器具やスポットライト、表札灯、床に埋め込むバリードライト器具など、庭の演出と目的に合わせて選ぶことができます。

写真4~6はLED NEXT STAGE2012の展示風景です。※LED器具・サイン照明等の開発・製造・品質管理は株式会社タカショーデジテックが行っています。

モダンな器具から日本庭園に合う和風器具、ソーラーで点灯する器具などが揃っています。LEDは他の光源と比べて、紫外線が少ないので、虫が集まりにくいというメリットもあります。
 
ソーラーパネル

写真7.蓄電できるソーラーパネル

写真7は、蓄電できるソーラーパネルで、タカショーのローボルト(12V)タイプの照明器具に適応しています。点灯時間はW数によって異なりますが、例えば、フル充電で9W以下は4時間、6W以下では6時間程度とモード設定が選べ、スイッチによる点滅も可能です。サイズは、51cm×35cmで約5.7kgと比較的持ち運びも簡単で、電源がない場所や常時点灯の必要ない場所に適しており、非常時の照明としても役立つかと思います。

株式会社タカショーのHPでは、エクステリア・ガーデンライティングの施工事例なども多く掲載しています。商品の詳細と併せてご覧いただければと思います。

【匿名で優良会社にリフォーム相談!】 
ホームプロでリフォーム会社を探す

【関連記事】

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。