ドイツの旅、ツアーと個人旅行のどちらにするか

schloss

ドイツ旅行のハイライト、ノイシュヴァンシュタイン城。ロマンティック街道は移動が少々面倒なのでツアーが便利

ドイツは見どころがいっぱいつまった観光大国。中世の街並みや古城めぐり、温泉体験にサッカー観戦、コンサートやオペラ鑑賞……と、旅の楽しみは様々です。ガイドとしては、できることならドイツの魅力をぜんぶ丸ごと体験して帰ってほしいところですが、短い旅行日程だとそうもいきませんよね。それだけに、旅のプランはじっくりと練って、満足度の高い旅行にしたいものです。

まずは旅行の手配を個人でするか、それともツアーに申し込むか……迷うところですよね。

近年は個人旅行が増えていますが、その良いポイントはなんといっても自由さ。ドイツは首都一極集中型でないため、魅力的な街が全土に散らばっていますが、ツアーで訪れる都市はどうしても限られてしまいます。ツアーにはない街や多くの街を訪れたい、予定にしばられず自分のペースで動きたい、という人は個人旅行に挑戦してみるのもいいでしょう。すべてを自分で手配しなければならないので手間も時間もかかりますが、この準備期間が旅の楽しみのひとつでもあります。ただし、旅先で何か問題が起きても自分で対処しなければならないので慎重な行動が必要です。

ツアー旅行のメリットは楽さ、そして安心度の高さです。自分で手配する手間もなく、現地でも係員にフォローしてもらえるのは心身ともに楽ですし、旅行会社の保障制度があるので安心感があります。また、ロマンティック街道など人気の観光ルートのなかには交通が不便な街もあるので、ツアーを利用すると移動がぐんと楽になります。

ツアーといっても、全行程がフリータイムで個人旅行と変わらないものから、観光や食事が付いたフルパッケージツアーまで選択肢は多いので、目的や予算に合ったツアーを探してみましょう。

ツアーの種類

rhein1

雄大なライン川をのんびりクルーズ。風光明媚な街や宿泊できる古城が点在する

ツアーにはいくつかのタイプがありますが、一番多いのが航空券+ホテル+空港とホテル間の送迎がセットになった1都市滞在型です。このタイプは料金も安く設定されていて、時期にもよりますが個人で航空券やホテルを手配するよりもお得感があります。全行程がフリータイムなので、個人旅行と同じように自由に動けるのが魅力。好きな都市をじっくり見たい場合や、1都市を拠点にして周辺の日帰り旅行を考えている場合はこちらのタイプがおすすめです。

ドイツは初めてなのでいろんな街を見てみたいという人には、周遊型のツアーがおすすめ。このタイプなら旅行中の移動手段や時間配分を考える手間がないので楽ですし、短期間で効率よく多くのものを見ることができます。

初めての海外旅行、現地でのコミュニケーションに自信がない、など不安を感じている人は、添乗員付きツアーを検討してみるといいでしょう。

周遊型ツアーで注意したいのがスケジュール。あまりにも予定がぎっしり詰め込まれたツアーだと、それぞれの街の印象が薄くなってしまったり、移動ばかりで疲れてしまったなんてことにもなりかねないので、無理のないスケジュール選びが大切です。

ツアーによってはホテルを指定したり、オプショナルツアーを追加できるものもあります。ドイツのホテルは基本的に清潔で設備も整っているので心配することはないと思いますが、どうしてもバスタブ付きがいいとか、古城ホテルに泊まってみたいなど、ホテルのグレードにこだわりがある人は旅行会社に問い合わせてみましょう。

ドイツではメッセ(見本市)の期間中はホテルの宿泊料金がぐっと高くなりますので、出発日を決める前に、ドイツ観光局などでメッセのスケジュールを確認することをおすすめします。

ドイツツアーで訪れる街

markt

アドヴェント(待降節)の期間にドイツ各地で開かれるクリスマスマーケットを巡るツアーも人気

1都市滞在型ツアーに多いのは、日本からの直行便のあるフランクフルトやミュンヘンに滞在するもの。フランクフルトは金融機関が多く集まる近代都市のイメージがありますが、周辺のハーナウ、シュタイナウといったメルヘン街道の一部や、古城のあるハイデルベルクを日帰りで訪れたり、ライン川下りも楽しむことも可能。一方、ミュンヘンは見どころいっぱいの観光都市。おいしいビールにソーセージ、陽気な人々……といった多くの人がイメージするドイツらしさを堪能できます。

また、首都のベルリンは日本からの直行便はないものの、都市としてのおもしろさは一番!とガイドは思っています。新旧のカルチャーが入り混じった独特の魅力をもつ街なので、ぜひともじっくりと見ていただきたいところ。ベルリンを拠点にドレスデンやライプツィヒなど東部ドイツを周る旅もおすすめです。

周遊型ツアーで圧倒的に多いのが、ドイツ旅行の王道ともいえるルート、ロマンティック街道にミュンヘンを組み合わせたものです。中世の街並みが残るローテンブルクや、ドイツきっての観光名所であるノイシュヴァンシュタイン城はまさにおとぎの世界。

ロマンティック系のツアーでは、ライン川クルーズを楽しみながらワインの街を訪れたり、古城ホテルに泊まるツアーもおすすめ。また、12月にはクリスマスマーケットを巡るツアーが人気です。

ドイツは多くの国と国境を接しているため、周辺のフランスやオーストリア、イタリア……などを組み合わせたツアーが多いのも特徴です。EU圏内では国境越えが簡単にできてしまうので、1都市滞在型ツアーでもあっても、交通機関をうまく使いこなせば隣国へ足を延ばすことが可能。ミュンヘンに滞在してオーストリアへ、ベルリンに滞在してチェコのプラハへ、といったルートはとくに人気があります。





【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。