トランスフォーメーションするTUMI「ドロール フォー トゥミ」コレクション

TUMI

「ドロール フォー トゥミ」のコレクションがこちら。1stコレクションとは思えないラインナップの多さに驚きます

マチの拡張ができるバッグはこれまでもありましたが、カジュアル過ぎたり、アウトドア色が強過ぎたり、なかなかビジネスに使えるものはなかったと思うんです。

機能鞄ならトゥミの右に出るものはない!ということで、“トランスフォーメーション”をコンセプトにした「ドロール フォー トゥミ」コレクションが今春登場しました。スーツに持っても違和感のない、渋い色合いと素材使い。しかも機能的でクールな外観には、男心をくすぐる要素が詰まっています。

機内持ち込みトロリーケースも容量拡張ができる!

TUMI

「ドロール・インターナショナル・エクスパンダブル・キャリーオン(H54 ×W35 ×D21.5~35.7cm) 」10万5000円(トゥミ・カスタマーセンター TEL:0120-006-267)

まずはやっぱり海外サイズ。ビジネストリップ、プライベート問わず、どうして海外にでると行きはスカスカだったスーツケースが、帰りはパンパンになる不思議。「そりゃ、靴3足も買ってるからでしょ!」とか言われそうですが、毎回もうひとつ鞄を買って帰るのにも疲れてきました。そういう応急の鞄って、たいてい日本では使いません。

そこで、このトロリー型のスーツケースがあれば、機内持ち込み可能なサイズで便利。内側2ヶ所のハンドルを引くと、2段階のエキスパンドが可能で、キャパシティはマチ幅を最大に拡張した場合、およそ2倍になります。つまり外側のジッパーを開いてという方式ではありません。
TUMI

左/1段階目のエキスパンド。これでマチが23cmになりました。 右/2段階目でMAXになりますが、すごい容量アップですね。35.7cmになり、デフォルトからですと14.2cmアップになります

トゥミでは初めてとなるこの機構、マチ部分がボンっと飛び出す仕組みは、なかなか壮観です。マチの蛇腹部にはトゥミらしくバリスティックナイロンを採用していますが、この素材も今回新開発のものを使っています。外装は3層構造のABSポリカーボネート素材。ピックアップハンドルには、軽量で強度の高いテレスコープハンドルを採用しています。


次のページではブリーフケースとバックパックをご紹介します。