インデックス投資だけをすすめる人は相場で勝てない人

各国の金融緩和によって市中には余剰マネーがあふれ、ここのところの相場は少々バブル気味ではないかと感じます。そういえば2007年、投資信託を勧める主張が相次ぎ、その後のサブプライム・ショック、リーマン・ショックで黒焦げになった人が多かった状況を彷彿とさせます。

しかし、ここのところの多くの投資アドバイザーやFPが「初心者は投資信託がおすすめ」「インデックス投資なら確実に資産が増える」という主張をしています。そこ で、ここでまた多くの犠牲者が出るのではないかと思い、警鐘を鳴らしておきます。私は基本的に、「インデックスがおすすめ」という人のほとんどは、相場という暴風雨の中を自分の力で泳いだ経験もなければ、トレードで利益を出す技術も持っていないと思います。なぜか? 相場で利益を出す技術を持っている人は、投資信託の硬直性とリスクを知っているため、恐ろしくてとても手が出せないからです。それは、指数に連動するインデックスの投資信託であっても同じです。

投資信託は上げ相場でしか利益を生まない商品

それは、上げ相場でしか利益を出すことができず、下げ相場では指をくわえて眺めることしかできないからです。たとえば私が実践している株の信用取引、日経225先物、 FX、CX、CFDなどでは、上げ相場でも下げ相場でも利益を狙うことができます。しかし投信では、上昇という一方向でしか儲からない。しかも、資産が増える・減るに関係なく手数料は差し引かれていきます。現在のような見通し不透明の乱高下する相場環境で、こんな硬直的な商品は投資家にとっては不利以外の何者でもありません。インデックス投資で資産を増やすことは、ことのほか難しいのは、まだほかにも理由があります。