女性お笑いコンビ「オセロ」の中島知子さんが東京都渋谷区にある個人事務所名義のマンションの家賃を滞納したなどとして、マンションの不動産管理会社から未払い家賃の支払いなどを求めた裁判が、2月28日にありました。

中島さんは、月額39万円のマンションを昨年6月から滞納し、未払い分は約650万円になるそうです。また、賃貸借契約も昨年9月までで中島さん側から更新の連絡がなかったため、部屋の明け渡しも求めていました。
この個人事務所とは別に、自宅として借りているマンションの家賃も滞納しています。

28日の裁判には中島さん側が出廷しなかったため、不動産管理会社側の請求はすべて認められ、滞納家賃や損害金646万円と立ち退きが中島さんに命じられました。


家賃滞納は1日でも契約違反


家賃の支払いに関することは契約書に必ず記載されています。万が一、この支払日を1日でも遅れれば、それは立派な契約違反です。
もちろん、「うっかり」支払いを忘れていたケースもあれば、故意あるいは意図的に支払わないケースもあるでしょう。いずれにせよ、家賃支払いが遅れたら、一般的には次のような対応をされます。

◎電話などの連絡がくる
携帯電話

うっかり忘れていることは誰にでもある。その後の素早い対応が肝心


「家賃の支払日を過ぎていますが、入金されていません。もしかしてお忘れではありませんか?」などの電話連絡が来たり、手紙が送られてきます。もし支払いを忘れていたのであれば、この時点ですぐに払いましょう。

>>>それでも何も返事をしないと・・・?