大型の保冷バッグはマスト!

1リットルのペットボトル20本程度なら余裕で収納できるサイズ

1~1.5Lペットボトル10本程度なら余裕で収納できるサイズ

もしコストコで食品を購入するなら、大型の保冷バッグは必ず持参を。コストコではレジ袋類はもらえないため、食品が傷むのを防ぐだけでなく商品を取りまとめるためにも必要なのです。

それほど大きいエコバッグは持っていない……ということであれば、コストコオリジナルのエコバッグも販売しています(600円前後)。大容量パック商品もラクラク収まるサイズで保冷機能付き。かなり形がしっかりしている、トートバッグタイプです。

その他、保冷機能の必要ない洋服や調味料などを購入した時のために、IKEAのLサイズバッグを持参している人も多いです。丈夫でコンパクトになるのでおすすめですよ。

支払いは現金かアメックスカードのみだが、ATMもあり

コストコでの支払いは、現金かアメックスカードのみ対応しています。VISA、MASTERなどのクレジットカードは使用できないのでご注意を。コストコでお買い物をすると、支払総額は1万円単位になりがち。事前に予算をきっちりと決め、現金を持参するようにしましょう。

どうしても予算オーバーしてしまったら……。実は店内にはATMがあります。多くの店舗はイーネットバンクなので各種都市銀、地方銀行、ゆうちょ銀行などに対応しています。しかし一部店舗ではイーネット以外のATMが導入されているという情報もありますので、気になるようであれば最寄りの店舗に確認を。

共同購入なら取り分け用のストックバッグも持参を

コストコの食品は、個別包装されていないものが多々あります。ご近所のママ友同士で買い物するなら誰かの家で分けあえば済むのですが、自宅が離れている人同士ではそうもいきません。そんなときは、ちょっと恥ずかしいですが駐車場で取り分けましょう。ワンボックスカーなどの荷台を活用して分けあっている人も、けっこう見かけます。

ストックバッグは色々なサイズがあると便利

ストックバッグは色々なサイズがあると便利

「現地取り分け」に必要なのは以下のアイテムです。
  • ストックバッグ 各種
  • 生肉、冷凍品を購入する場合は
    フリーザーバッグ
  • 使い捨ての手袋
  • 小さなハサミやカッター類
  • (必要に応じて)タッパー類
  • 計算機
  • 人数分の保冷バッグ(大きめのトートバッグ形状など)
とくに忘れがちなのがハサミやカッター類。テープや袋物の封を切るのに欠かせません。日本製と違い、輸入商品の場合は切り口がないものも多いのです。肉類は取り分けてもそれなりの量になることも多いため、タッパーに入れるよりもストックバッグに入れたほうがそのまま冷凍できて便利かと思います。

ダンボールはタダ!
トランクで荷物をまとめるのに便利

店内のあちこちにダンボール置き場がある

店内のあちこちにダンボール置き場がある。海外デザインのものは要チェック!

バッグ類に入れるほど細かいものではないけれど、そのままトランクに積むとスペースのムダになったり暴れてしまう……、そんな大きさの商品は意外と多いものです。例えば人気商品のダウニーやフロッシュ。上積みすることも難しく、ママ友に頼まれて複数購入した時などは、とくに困りものです。

そういう「適度に大きいけれど上積みしにくい」ものは、コストコでもらえるダンボールに収納しましょう。箱の中にまとめておけばカーブのたびに滑っていくこともなくなりますし、上に別の商品を積みやすくもなります。海外ブランドのおしゃれなものは人気も高く、品切れになっていることもしばしば。最近ではインテリアとして活用している人も多いようです。


>> 安さを見極めるには?