年齢制限なしで楽しめる、劇団四季のミュージカル

『ユタと不思議な仲間たち』

自然豊かな東北を舞台にした劇団四季オリジナルミュージカル『ユタと不思議な仲間たち』(撮影:荒井健)


子どもが小さいうちは舞台を楽しむのは難しいと思っている人も多いのでは。でも、ミュージカル形式の舞台なら、作品にもよりますが、3~4歳くらいから楽しめる子が多いよう。劇団四季は子連れ向けのサービスも充実しており、家族での舞台デビューにオススメです。

そもそも劇団四季がミュージカル形式の舞台をはじめたのは1964年。日生劇場で子どものための舞台を上演したのが始まりでした。セリフだけのお芝居だと、どうしても子どもが飽きてしまう。そこで、歌やダンスをまじえたミュージカル形式を採用したところ、子どもたちにも大好評。このスタイルは現在でも「ファミリーミュージカル」と題して存在し、家族でとくに楽しみやすい作品を上演しています。

ファミリーミュージカルはどれも「生命の大切さ」「友達を思いやる心」「勇気をもつことの大切さ」などテーマ性のある作品ばかり。単なる情操教育の枠を超えて、生きることの素晴らしさを伝えてくれます。

劇団四季では、ファミリーミュージカルを含め、すべての作品について観劇そのものの年齢制限は設けていません。チケット料金がかかるのは3歳からですが、赤ちゃんでもOK(もちろん、泣きだしたときは席を立つなど、周囲への配慮は必要ですが)。週末を中心に家族連れの姿も多く、3世代で見に来る家族も多いそうです。


>> 次のページでは親子観劇室や子ども料金など子連れ向けサービスを紹介