マスターショコラティエ バスチャン ティボー
(Master Chocolatier Bastien Thibault)

バスチャン ティボー氏

バスチャン ティボー氏

バスチャンは、ローザンヌとニヨンの間にある湖畔の街モルジュに店を構えるショコラメゾン、マイヤーに17歳で弟子入りし、スイス各地でショコラティエやチーフ パティシェとして経験を積みました。

2001年よりブロンデルでマスターショコラティエとしてチョコレート製作に取り組み、伝統的な手作業の多い製法を頑なに守っています。

地元はもちろん世界中から訪れるお客様で混み合うショップをきりもりしつつ、ブロンデルに代々伝えられてきたレシピを守り、スイスの新鮮なミルク、ナッツやフルーツを使用して、1つひとつ大切にチョコレートを作っています。

銀座店のフロア構成

■1F/ショップ
1F ショップ

1F ショップ

量り売りのマルトー、トリュフ、プラリネ、 コンフィズリーといったブロンデル創業時から培われてきたレシピでつくるチョコレートを豊富なラインアップで展開。


■2F/イートイン
2Fイートイン

2Fイートイン

15種類のホット&コールド ショコラショーを含むドリンク類、ローザンヌ本店でも人気の15種類のチョコレートアイスクリームや週替わりのパンオショコラなどを提供。

次のページから商品のご紹介をしましょう。