フランス料理 部門

フランス料理部門は、「ホテルのレストラン」「個人店」「ビストロ」「海外のレストラン」の、4つのジャンルに分けて選んでみました。


ホテルのフランス料理部門

サクラ

フランス料理「サクラ」からの一皿

今、大阪で(麻生的に)最高クラスと確信できるフランス料理店はどこか?と自問した時に、まず一番目に頭に浮かんだレストランが、ここ「サクラ」(大阪・ホテルニューオータニ大阪)でした。

大阪のフランス料理シーンも、ここ数年で多彩になり、洗練されたフランス料理が増えましたし、三ツ星を獲得するレストランも現れるほど革新的に急成長を遂げています。

その中でも、「温故知新」というか、伝統料理の基本をしっかりと守りながらも、エレガントかつ緻密で独創性のある構成力を昼・夜問わずに魅せつけてくれる、若き奇才の小出シェフは、関西でも稀有な存在。ソースの深みのある美味しさと、火入れのテクニック、そしてスマートなサービス等々、私の中では、間違いなく三ツ星レストランです。

関連: 「サクラ」のガイド記事


レストラン 個人店部門

ラ・ビオグラフィ・・・。

「ラ・ビオグラフィ・・・」からの一皿

個人店部門は「ラ・ビオグラフィ・・・」(京都・中京区)、こちらも迷いなく決まりました。今年オープンしたてのレストランですが、シェフは元・京都唯一の星付きフレンチだった「ヴィ・ザ・ヴィ(現在は閉店)」のシェフを長年務められていた滝本将博さん。ウフ・ア・ラ・コックや野菜料理を始め、パリの某三ツ星レストランのスペシャリテ級の料理がラインナップするコース構成はフランス料理好きな人には堪らないでしょう。地の野菜を多用されている点もポイント高しです。

関連: 「ラ・ビオグラフィ・・・」のガイド記事


ビストロ 個人店部門

ビストロヴァリエ

「ビストロ ヴァリエ」からの一皿

ビストロ部門は訪問したビストロの数がとにかく多くて悩みに悩みましたが、今回は「ビストロ ヴァリエ」(大阪・北区)に決定です。やはり夜5000円で、しかもデパートの中で気軽に、あの名店ヴァリエの味が楽しめるというポイントは大きかったですね。

関西らしいコテコテの野性味溢れる濃厚ビストロ料理も好きですが、やはりヴァリエらしいエレガントさが光る上品なテイストは、万人にオススメしたくなります。

関連: 「ビストロ ヴァリエ」のガイド記事


海外 部門

カプリス

三ツ星フレンチ「カプリス」からの一皿

海外部門からは、三ツ星にも輝く「カプリス」! フォーシーズンズホテル香港にあるフランス料理店は、昨年にリニューアル・オープンしたばかり。尖沙咀の景色を眺める大きな窓に、オープンキッチンのライヴ感とエクセレントなサービス、そして三ツ星グランメゾンならではの緻密で美しい構成力の料理で、感動を与えてくれました。

ちなみに、食後ティでは何と「コピ・ルアク」もあります。コースだと追加料金で楽しめますので是非。

<DATA>
・店名: カプリス
・所在地:フォーシーズンズホテル香港 6F
・アクセス:エアポートエキスプレス「香港駅」直結(駐車場あり)

次ページでは、「和食(京料理)部門」を発表いたします。