モンスターハンター3G発売! 拡張スライドパッドはどんな感じ?

モンハン3Gと3DSの図

任天堂の携帯機にモンスターハンターシリーズが発売されたのはこれが初めてとなります。

スーパーマリオ3Dランド、マリオカート7に続き、年末商戦におけるニンテンドー3DS(以下3DS)のキラータイトル3発目、モンスターハンター3G(以下モンハン3G)が2011年12月10日に発売されました。早朝からいくつものお店で行列ができ、初日完売という売り場も少なくなかったようです。

任天堂の携帯機にモンスターハンターシリーズが初登場ということで、同時にニンテンドー3DS専用拡張スライドパッド(以下拡張スライドパッド)という周辺機器も発売されました。3DSにガチャンとくっつけて使える右手側のスライドパッドです。ここで気になるのは、その使い心地、モンハン3Gが無理なく遊べるかということですよね。結論から言ってしまうと、拡張スライドパッドは3DSの操作性を格段に向上させ、モンハン3Gを快適に遊ぶことができ、とてもオススメの周辺機器です。ただし、欠点が全く無いわけでもありません。

モンハン3Gを購入するのに拡張スライドパッドも買おうか迷っている人や、あるいは、3DSでの操作性を心配して、モンハン3Gの購入自体を迷っているという方に、参考にしていただくべく、拡張スライドパッドの使い心地や、それによってモンハン3Gの操作がどのようになるか、ご紹介していきたいと思います。

水中ではかかせない右スライドパッド

ボスモンスターと戦うハンターの図

大型モンスターと戦う時は、ターゲットカメラがうまく機能して、実はスライドパッドが無くてもあんまり問題がなかったりします。

実は、基本的に拡張スライドパッドが無くても、モンハン3Gの操作にはほとんど支障がありません。それというのも、今回ターゲットカメラという新しい仕組みが投入されたからです。ターゲットカメラはタッチパネル上でオンオフを切り替えることができ、オンにしているとLボタンを押した時に、通常プレイヤーキャラクターの後方に回るはずのカメラが、大型モンスターの方へ向いてくれるというものです。なんで今までなかったんだろうというぐらい便利な代物で、緊急時におけるカメラ操作のほとんどがこれで済んでしまいます。

ただ、2つ問題があります。1つは雑魚モンスターを倒す時。ターゲットカメラは大型モンスターにしか使えないので、雑魚モンスターを倒す時は使えません。もう1つは、水中の自由な移動。水中はWiiで発売されたモンスターハンター3から登場しましたが、PSPのモンスターハンターポータブル 3rdには採用されなかったため、今回携帯ゲーム機では初登場となりました。水中では前後左右に加えて上下へのキャラクター移動がありますので、カメラ操作がより煩雑になります。

ここで、右スライドパッド出番となります。自由自在に上下左右に視点を動かしながら快適に水中を探索するには、右スライドパッドは本当にオススメです。

水中で便利な右スライドパッド、しかし拡張スライドパッドの便利なところは実はそれだけではありません。