「週○回トレーニングする」は目標としてNG!?

「週○回トレーニングする」といった行動予定を目標にするのはNG。気分や状況に左右されて、途中で挫折してしまうことになりかねない

「週○回トレーニングする」といった行動予定を目標にするのはNG。気分や状況に左右されて、途中で挫折してしまうことになりかねない

ジムで体をビルドアップさせたいと思っても、ネックとなるジムの営業時間や往復の移動、着替えの時間などの時間的制約。それらを払拭し、日常のライフスタイルはそのままに、自宅で本格的なジム並みのトレーニングを行おうというのが、今回のシリーズのねらいです。第2回目である今回は、お腹とヒップを鍛えるトレーニングをご紹介しますが、その前にいつものように少しだけお話しをさせていただきたいと思います。

皆さんは「自宅をジムにする」と聞いて、今回どんな目標を掲げたでしょうか。多くの方が、「最低でも週2回はトレーニングする」「毎週水曜日はトレーニングの日」「平日寝る前に毎日トレーニングを行う」といった目標を掲げたのではないでしょうか。実は、目標を掲げる時にもっともしてはいけないこと――それが、こうした「週○回トレーニングする」といった行動予定を目標にしてしまうことなのです。

行動予定は、その日の気分や状況などに左右されがちです。特に、仕事をしていれば日によって残業時間も違いますし、断れない急な誘いなどもあるでしょう。そんなとき、自宅に帰って、「さぁ、今日はトレーニングの日だから、頑張って体を鍛えよう」という気分になるでしょうか。おそらく、「今日はちょっとやめておこう」、「仕事で疲れているから、明日にしよう」と言い訳して、トレーニングを怠ってしまうはずです。これが、行動予定を目標にすることのNGポイントなのです。こうしてズルズルとトレーニングの間隔があいてしまい、気がつけばせっかく揃えた器具が部屋の隅でホコリをかぶっている……といったことになりかねません。

このようなことにならないためにも、目標には行動予定ではなく、「自分をトレーニングに駆り立てるような、あきらめきれない願望」を掲げましょう。もし挫折しそうになったときでも、「やっぱり頑張ろう」と、もうひと踏ん張りさせてくれるような、具体的なものがよいでしょう。たとえば、「この服をもう一度着たい!」、「周囲の人にもう『ポッチャリ』と言われたくない!」など、トレーニングをやりたくないと思うときでも奮起できるようなものにすれば、開始当初のモチベーションを高くキープしたまま、楽しくトレーニングを続けることができるはずです。

それでは、新たに目標を設定し直したら、今回のトレーニングを開始しましょう。