子供も喜ぶ広いロフト 

ロフト

写真7.天窓のあるロフト(C)Hiroshi Tanigawa

ロフト夜景

写真8.スポットライトで天井を照明

リビングの上部は6.5畳ほどのロフトがあり、中央に2つの天窓が設けられています。ロフトはダイニングよりの壁面に電球型蛍光灯のスポットライトを2灯、上に向けて天井を照明しています。間接光で、ロフトの明るさをとると同時に、ダイニングから見上げた時も、天井が明るく開放的に感じます。昼間は、天窓からの光だけでも十分明るく、子供達の格好の遊び場となりそうです。 

限定されたボリュームが川に寄り添い、家族がそれぞれお気に入りの居場所を探しながら生活できるような、様々な空間となっています。

水石浩太建築設計室

写真9.水石浩太建築設計室

余談ですが、大通り沿いにある水石氏の事務所は、ガラス張りのため室内が良く見えます。近くにお住まいだったお施主さんが通りかかり、中の様子や飾ってある模型を見て、設計を依頼されたそうです。限られた条件の中で、心地よい空間を設計するには、感性の合う建築家と出会い、暮らし方や将来性も考えて家づくりを進めるのが良いのかもしれません。

【関連記事】
「子供の創造力を育てる住宅の明り」
「照度以上に明るく見える住宅照明」
「ほっとする「あかり」が灯る家」

Copyright(c)中島龍興照明デザイン研究所. All rights reserved


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。