パールジュエラー「ミキモト」の創業者である御木本幸吉は、真珠の養殖とパールジュエリーの発展へと一生を捧げた人でした。御木本幸吉は1893年(明治26年)には養真珠の第一号となる半円真珠を、1905年(明治38年)には 真円真珠を完成させ、世界中に日本のパールジュエリーを広めることへと貢献しました。

大正初期には養殖真円真珠をロンドンに売り出し、1910年(明治43年)には日英博覧会に、1926年(大正15年)にはフィラデルフィア博覧会にパールの作品を出品。 1937年(昭和12年)にはパリ万国博覧会に12通りの使い方を可能とした、帯留め兼用ブローチの「矢車」を出品し、世界中の注目を集めました。草創期から海外の情報を積極的に取り入れ、日本文化との融合に勤めてきたミキモト。そのグローバルな姿勢は現在のクリエイションの中にも強く根付いています。

2009年に誕生した、「A World of Creativity」は、世界で活躍するミキモトの“今”を語るコレクション。各国で活躍するミキモトのデザイナーが、新しい感性を発揮するシリーズです。「命を育む水をたたえた惑星――地球」がコレクションの根幹となるテーマ。
「A World of Creativity」

「A World of Creativity」ネックレス、イエローゴールド×白蝶真珠×ダイヤモンド、136万5000円


今年の2011年は、白蝶真珠を主役としたジュエリーが登場しました。“地球と宇宙”のイメージから、宇宙をイエローゴールドの球体で、地球を大きな白蝶真珠で、夜空の星の煌めきをダイヤモンドで表現しています。零れ落ちるかのような星の瞬きと地球の不思議な存在感に、思わず目も奪われることでしょう。小宇宙を思わせる個性的なデザインに、パールジュエラーの未来を感じさせてくれるクリエイションです。

■問い合わせ
ミキモト カスタマーズ・サービスセンター
Tel.03-5550-5678
http://www.mikimoto.com/


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。