日本酒三昧

界出雲

部屋の露天風呂に日本酒を注ぐ。ぜいたくな日本酒風呂に

界 出雲の客室は、24室。全室に露天風呂が付いている。一階の客室に通されたが、これがなかなか広い。そして、玉造の湯が滔々と注がれている。そして、私の部屋の露天風呂には地元松江・国輝酒造の地酒五合瓶が置かれている。そう、吟醸逗留では、露天風呂に日本酒を注ぎ「酒風呂」を楽しめるのだ。もったいないから飲んでしまおうなんて思ってはいけない……。

酒風呂を愉しむ前に、まずは、保湿効果が高く化粧水としても販売されている美肌の湯・玉造温泉を存分に味わおうと大浴場に出かけた。


 
界出雲

界出雲の大浴場。美肌の湯が満たされている。左隅には月見酒セット

社殿の形をした湯口から注がれる源泉掛け流しの内湯に、露天風呂が付く。なんと粋なことに、内湯の片隅には「月見酒」と称し、冷酒と猪口が置いてある。やれ、酒風呂の酒を飲まずとも、早速、日本酒にありつけたのであった。

そして、部屋に戻り、露天風呂にザバザバと日本酒を注ぎ、酒風呂をたしなむ。小道具として全室にフェイスパックが置いてある。これに温泉を垂らし、温泉パックも楽しんでほしいという計らいだ。ここまでされると、ここは「男一人で来る宿ではない」と思い始めた。が、たまにはいいではないか。美肌の湯に日本酒を注いだ酒風呂に浸かりつつ、温泉と日本酒のブレンド湯のフェイスパックをして、しばし寛ぐ。ああ、極楽、極楽……。

 

総支配人は利き酒師

しこたま酒風呂でふやけた後は、別棟のダイニングで夕食を。ほろよい加減の浴衣姿で、夕暮れの中庭を眺めながらテーブルについた。

界出雲

界出雲の名物料理「しじみのカタプラーナ」。シジミのエキスが染み出て美味い

吟醸逗留の宿泊客には、当然のごとく日本酒であろうと、地酒リストを持ってきてくれたのは総支配人の酒井さん。お名前をうかがい、ただ者ではないと直感したとおり、利き酒師の資格を持つという。それならと、安心して、おすすめの酒を頼む。

11月になると松葉カニがどーんと提供されるが、地味ながら、この宿の名物となっているのが、宍道湖のシジミを使った「しじみのカタプラーナ」。シジミをポルトガル風に野菜や魚介とともに仕立てた塩味の鍋で、うまい。意外にも、日本酒に合う。酒を飲んでもシジミ効果で、ちょうどいいや、なんて。
しこたま飲んで、食べた後は、またまた温泉ざんまい。

界は、温泉旅館に「真刺激」を与えるというが、温泉も、酒も、食も、確かに中途半端がない。利用者の欲求にストレートに応えてくれた。次は、別の「界」を試しに出かけたい。

 

翌朝は、玉造がにぎわう、その事情をみつけに出る