ここ数年、金価格が上昇傾向にあり、毎年高値を更新する状況が続いています(金価格については高値更新が続く金価格の推移と動向)。そのため金の買取を行う店が街中に出現する等、個人投資家をはじめあまり投資に興味のなかった人達からも、金投資に対して注目が集まっています。
写真

金を取引する際の単位は、国内価格と国際価格で異なっています。注意が必要です。


金投資の人気を支えているのは、金価格の値上がりはもちろん、世界中どこに行っても変わらない金の価値が挙げられるでしょう。

日本国内における金の価格は、「1グラム2,000円」等という風に表されます。1グラム当たりの価格が円建てで表示されており、とても分かりやすいと言えます。

しかし金を取引する際の単位は、国内価格と国際価格で異なっており、注意が必要です。

金の国際価格の取引単位=トロイオンス

金は、東京や香港、ロンドン、ニューヨーク等、世界各地で、24時間取引が行われています。漠然と、金価格は世界中どこに行っても、「1グラムいくら」で表示されるのかと思ってしまいがちですが、そうではありません。国際価格を表示する単位は異なっています。

金の国際価格の取引単位としては、「トロイオンス(TOZ)(貴金属の重量単位)」が使われています。これは貴金属のみに使用される単位で、略して「オンス」とも言います。ちなみに、1トロイオンスは、約31.1035グラムです。

金の国内価格の取引単位=グラム

一方、日本国内で取引される場合の単位は「グラム」が使われ、「1グラム当たり●円」と表示されます。しかし、金の国際価格の取引単位は1トロイオンスで、1トロイオンス当たりの価格は、米ドル建てで表示されるのが基本となっています。

ですから、まずドル建ての金価格をその時の為替レートで円価格に換算し、その上で1グラム当たりの日本国内における金価格を算出します。


国際的な金の取引単位はトロイオンス、日本国内の金の取引単位はグラムと異なります。ニュース等で報道されている数字がどちらの単位での表示なのかをよく確認し、金を取引する際には誤解のないようにしましょう。

【関連記事】
純金積立、金地金…金投資の種類と選び方
百貨店、銀行…身近にある金の購入場所
金に投資すると、利子や配当はどうなるの?
持っている金を売却したい!どう売却する?
純金積立をはじめてみよう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。