【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
 

「都合のいい女」になっていませんか?   

都合のいい女 尽くしすぎていませんか?

尽くしすぎていませんか…?


彼に尽くしていたら、彼のハートを掴むどころか、「都合のいい女」になっていた!なんてことはよくあるものです。「都合のいい女」と「心を掴む女」の違いって何なのでしょうか?ここでは相手の心を掴んで愛される秘訣をご紹介します。

2つの違いを簡単に言うと、下記と言えるでしょう。
■都合がいい女
彼に「コイツは俺なしではいられないだろう?」と、図に乗らせてしまう。
■心を掴む女
彼に「俺は彼女なしではいられない!」と大切にされる。

これは雲泥の差がありますね(苦笑)。

では、どうしたら、彼に「俺なしではいられないだろう?」なんて、図に乗らせないことができるのでしょうか?


<「都合のいい女」と「心を掴む女」の違いって? 目次>  

相手を図に乗らせない女になる!    

極端なことを言うと、「“その俺”がいなくても大丈夫な人になること」です。

ただ、完全無欠の女性は可愛げがありませんし、もちろん好きな彼がいなくなっても大丈夫な人はいません。でも、その“大丈夫ではない部分”が、愛情から来ているものと異なる場合は、考えなくてはいけません。

例えば、こんな言動をしていたら、要注意です。
・彼からの連絡を待ち続けていないか?
・彼を追いかけすぎていないか?
・自分の全てを、彼に費やすようなことはしていないか?

これらは、愛情というよりは、自分の「寂しい」「つまらない」という心の隙間を“彼”で埋めようとしています。これでは、相手が図に乗ってもおかしくありません。なぜなら彼は、「自分が魅力的でなくても、彼女にとっては離れられない存在である」ことを知っているからです。

もし彼に愛される恋愛をしたかったら、彼がいなくても一人で立っていられる女性になって、彼に「もし彼女が俺のことを好きじゃなくなったら、さっさと別れられてしまうかも。彼女に好かれ続けるような魅力的な人でいなくては!」と思われることが大切です。

つまり彼に「自分に魅力がなくなれば、彼女はいつだって自分から去る」という不安感があれば、あなたの前では魅力的な人であり続けようとするものなんです。

 

「都合のいい女」も実は相手を利用している?    

都合のいい女 あなたの愛は未熟な愛?成熟した愛?

あなたの愛は“未熟な愛”?それとも“成熟した愛”?


書籍「愛するということ」(エーリッヒ・フロム )にはこんなことが書かれています。

未成熟な愛は「あなたが必要だから、あなたを愛する」と言い、成熟した愛は「あなたを愛しているから、あなたが必要だ」と言う。
(参考文献:エーリッヒ・フロム著、鈴木 晶 翻訳、『愛するということ』紀伊國屋書店刊)

「都合のいい女」から脱出するためには、この“成熟した愛”(=あなたを愛しているから、あなたが必要だ)の方を目指すことが大切です。

未熟な愛は、相手への愛というよりは“自己愛”と言えるでしょう。その場合、愛情は自分に向けられているので、相手に届きにくい(=相手のハートは掴みにくい)ものなのです。

「自分の行いは自分に返ってくる」と言われるように、自分の心の隙間を埋めるために相手を利用している場合は、相手からも利用される存在になり得るもの。つまり、ある意味“似た者同士”なんです。

だからこそ、自分の依存心とは決別し、精神的な自立をして、「都合のいい女」からは卒業することが大切なんです。

では次に、「心を掴む女になる」ためにはどうしたらいいでしょうか?

 

「心を掴む女」になるには?    

都合のいい女 心を掴む女になるには彼がなりたい自分になることを応援してみる

彼が“なりたい自分”になることを応援してみる!


はじめにご紹介したように、彼に「俺には彼女がいないとダメだ」と思われることが大切です。
ただ、こればかりは、テクニックだけでどうこうできるものではありません。相手の本当に望んでいる事をよく観察し、知ることが大切ですが、ただ、1つだけ多くの人に当てはまることがあります。それは、

彼が“なりたい自分”になることを応援できる人になることです。

では、相手の“なりたい自分”になることを応援するというのは、どういうことなんでしょうか?

これもケースバイケースですが、下記が当てはまります。
・自分の理想を相手に押し付けないこと
・ありのままの相手を受け止める(※でも、甘やかすとは違うのでご注意)。

つまり、これは本当の意味で相手を愛するということです。つまり、相手の心を掴むためには、“本物の愛情”が必要とも言えるでしょう。

 

「都合のいい女」→「心を掴む女」へ    

都合のいい女 本物の愛情で彼の心を掴みましょう

“本物の愛情”を持って、彼の心を掴みましょう!


「都合のいい女」ではなく、「心を掴む女」になるための秘訣をまとめると、下記の通りです。

・精神的な自立をする。
(=相手に寄りかかりすぎない女性になる)
・彼の“なりたい自分”になることを応援する。
(=彼にとっての良き応援者になる)
・ありのままの彼を受け止める。
(=ある意味、大きな意味での愛を与える)

過去のAll Aboutのコラムを読んだ方は、はっと思った人もいるかもしれません。結局は、「心を掴む女」になるために大切なのは、以前、ご紹介した、“愛する技術”が必要ってことなんですよね。

「与える人が与えられる」=「愛する人が愛される」ってことなんでしょうね。

心を掴む女になるためにも、“愛する技術”をきちんと身につけていきたいものですね。


<ご参考まで>
幸せな恋愛をする“愛する技術”とは!?


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。