「本当にいい男」がしないこと

「いい男」がやらないことって?

「いい男」がやらないことって?

「いい男」だと思っていたのに、実際は違っていた!なんてことは、意外とあるものです。いい男かどうかの判断をするためにも、「本当にいい男」が絶対にしない10のことを知っておくといいでしょう。

この行動をする人は、一見、素敵な人でも、「ニセ・いい男」かもしれませんよ?
 

「いい男」がしないこと1:自分より立場の弱い人にいばる

基本、いばる人は虚勢を張っています。自分を大きく見せて、自分の強さをアピールする人ほど、実際は「自分は弱い人間なのだ」というコンプレックスを抱いているものです。逆を言えば、本当に強い人ほど、腰が低いものなのです。
 
自分よりも立場の弱い人間に対して、無礼な態度をとる人は、「いい男」とは言えません。日常生活において、店員さんに偉そうな態度をとらないか、さらにタクシーの運転手さんに横柄な言動をしないか、は要チェックですよ!
 

「いい男」がしないこと2:自己中な言動ばかりする

自己中で、自分本位な言動ばかりする人は、人を振り回したり、不愉快にしたりします。でも、本人は自分の立場でしか物事を考えられないので、人に迷惑をかけていることすら気付かないことも多いのです。
 
例えば、自己中な性格で忙しい日々を送っている人は、自分のスケジュールに相手が合わせることばかり求めます。そんな人は、「仕事が忙しいのだから、仕方がない」という言い分を持っています。でも、それは自分の都合であり、相手の都合ではありません。
 
誰にでも1日24時間を平等に与えられているので、それをどのように使うかは、自分次第なのです。例え仕事が忙しくても、自分の意思で自分の時間を仕事に費やしているのだから、「自分の責任」でもあるのです。それが嫌なら、もっと時間に余裕のある仕事に転職することだってできるのです。

この「時間」を「お金」に置き換えてみてもいいでしょう。「時間がない」と嘆いている人は、与えられたお金を自分の意思で使っているにもかかわらず、被害者意識を持って、「お金がない」と言っているのと、そう変わらないのかもしれません。
 
もちろん仕事の環境によっては、自分の思い通りにならないことも多いでしょう。そんなときは自分の都合に合わせてくれる人に感謝の気持ちを持てるかどうかだけでも、随分、変わってきます。

逆を言えば、「相手は、忙しい自分の都合に合わせるのが当然」だという態度をとるような人は、「いい男」とは言えませんよ!
 

「いい男」がしないこと3:保身のために逃げる

自分のやったことにきちんと責任を持てるかどうかで、その人の人間力が問われるものです。そんなとき、人に責任を押し付けて逃げてしまう人は、弱い人間です。
 
むしろ部下に対して「僕が責任をとるから、君は思う存分やってほしい」と言えるような上司は、「いい男」ですよね。でも、世の中には自分の責任すら、部下に押し付ける上司もいるのなので、困ったものです。
 
また「自分の発言」にきちんと責任をとれる人かどうかも重要です。感情に振り回されて、言うことがコロコロ変わるような人の発言は、真に受けるとダマされることもあるので、信用しない方がいいでしょう。
 

「いい男」がしないこと4:女性を弄ぶ

自分を好きになってくれた女性に対し、恋人にはしないけど肉体関係を求め、“都合のいい女”にしたり、結婚しているのに、妻以外の女性と不倫をしたりする男性は、自分の幸せのためであれば、平気で人を利用します。そんな人はどんなにカッコよくても、エリートであっても、「いい男」どころか「女性の敵」だと思いましょう。
 
本来は、「人を幸せにしたい。喜ばせたい」と思える人が、「いい男」です。自分の快適さのために人を不幸にしている場合ではありません。こんなダメ男がいたときは、女性はさっさと縁を切りましょうね。
 

「いい男」がしないこと5:パートナーを不安にさせる

本来、パートナーは、自分が守るべき大切な存在です。そんなパートナーを不安にさせても平気な人は、相手の立場に立って物事を考えられない人です。
 
例えば、男性の中には、メールや電話での連絡がマメではない人も多いもの。もちろん苦手な人もいるでしょう。それでも相手が不安になるほどにまでケアできない人は、思いやりのある人とは言えません。
 
またメールにきちんと返事をしない人もいます。もちろんメールの内容にもよりますが、相手が返事を求めているような内容なのに返事をしない場合は、ある意味「相手を無視している」ということであり、失礼な態度なのです。つまり、単に連絡下手なことだけが問題ではなく、「相手に対して思いやりや礼儀があるのか?」という話なのです。
 
パートナーを不安にさせないためにも、普段からきちんとコミュニケーションをとることは大切なこと。逆を言えば、きちんと意思疎通ができない男性は、いい関係を築けないことが多く、パートナーは寂しい思いをさせられることが多いでしょう。
 
まだまだ『「いい男」がしないこと』があります。次も多くの男性がしがちなことです。次のページをご覧ください。