ハリー・ウィンストンの代表作である「リース・ネックレス」は、創業者ハリー・ウィンストンによるたくさんのアイディアを詰め込んだジュエリー。しなやかにフィットするプラチナワイヤーを用いたセッティングはウィンストニアン・スタイルとして尊ばれています。マーキース・ダイヤモンドやラウンド・ダイヤモンドをヒイラギの葉に見立て、ダイヤモンドだけでリースそのものを形作ったデザインは今もハリー・ウィンストンの偉業として伝えられています。
「リリークラスター・ペンダント」

「リリークラスター・ペンダント」イエローゴールド×ダイヤモンド、62万円


ダイヤモンドが互いに反射しあうことでさらなる輝きを導き出す、異なるダイヤモンドの集合体「クラスター」スタイルもそのひとつ。写真の「リリークラスター」は、そんな「クラスター」からデザインの発想を得て、誕生したコレクション。ユリの花のシルエットをラウンド・ダイヤモンドが縁取り、トップにはアクセントとしてマーキース・ダイヤモンドが飾られています。軽やかなオープンワークのデザインは、デイリーにも取り入れやすく、初めてハリー・ウィンストンを手にする人のための“ザ・ファーストウィンストン”としても親しまれています。

そんな人気のコレクションから、今年登場したのが、同社ではブランド初となるイエローゴールドのシリーズ。日本人にも肌なじみの良いイエローゴールドは、これまでのプラチナに比べてカジュアルなスタイルにもふさわしく、より手ごろとなった価格設定も魅力的です。“ザ・ファースト・ウィンストン”の名の如く、毎日身に着けたいデイリー・ジュエリーの登場です。

■問い合わせ
ハリー・ウィンストン カスタマーインフォメーションデスク
Tel.0120-346-376
http://www.harrywinston.jp/


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。