同じような写真ばかり

いつも同じような写真になってしまうのは、同じアングルから撮っているせいかもしれません。「プロの撮り方を真似してみよう 子ども写真の構図10」でご紹介したように、いつも撮らないような構図で撮るように意識してみましょう。撮る人が動いてアングルを変えて撮るのがポイントです。

赤ちゃん

ねんねの赤ちゃんは、真横や真上から全身を撮ってもかわいい


【子どもの写真撮影 ワンポイントアドバイス10】
1. ピントが合わない
2. 手ぶれする
3. 写りが暗い
4. 色がおかしい
5. 背景が汚い
6. カメラを意識して不自然になる
7. 自分が写っていない
8. 同じような写真ばかり
9. 表情がすぐ変わるのでうまく撮れない
10. どこで撮ったかわからない


>> 次は「表情がすぐ変わるのでうまく撮れない」悩みを解決