パパが涙!?の不滅のゲーム
野球盤

テレビゲームが流行する前に、誰もが遊んだあの野球版もダンボール箱で簡単にできちゃいます!当時の興奮そのままに、子供よりもパパが熱くなってしまうかも?!

※ 完成品サンプルでは緑のビニールシートを使い、より本物らしく装飾しています。また、守備の選手に見立てて画びょうを使用しています。

※ 完成品サンプルでは緑のビニールシートを使い、より本物らしく装飾しています。また、守備の選手に見立てて画びょうを使用しています。

材料

大きめのダンボール箱、厚紙、木片、輪ゴム、木玉、カッター、セロテープ、修正テープまたはビニールテープまたは白い紙

作り方

1.ダンボール箱の側面を利用し、深さ10cm程度、一辺40cm程度の正方形の枠箱を作ります。もう一方の側面を利用して、枠箱にちょうど納まる中敷きを作ります。中敷きにはホームランやヒット、アウトなどとなる場所を決めて切り抜いておきます。白い紙やビニールテープ、修正テープを利用してベースやラインを引いておきましょう。

 

1.ダンボール箱の側面を利用し、深さ10cm程度、一辺40cm程度の正方形の枠箱を作ります。もう一方の側面を利用して、枠箱にちょうど納まる中敷きを作ります。中敷きにはホームランやヒット、アウトなどとなる場所を決めて切り抜いておきます。白い紙やビニールテープ、修正テープを利用してベースやラインを引いておきましょう。


 
2.ボールの発射台を作ります。厚紙を利用して15度くらいの角度の三角形の台を作ります。ボールはここを転がって発射されます。ボールは木玉でもビー玉でもかまいません。

 

2.ボールの発射台を作ります。厚紙を利用して15度くらいの角度の三角形の台を作ります。ボールはここを転がって発射されます。ボールは木玉でもビー玉でもかまいません。


 
3.バットを固定する穴を中敷きに空けておきます。バットとなる木片は輪ゴムで巻き、輪ゴムの一部を中敷きにあけた穴に通します。

 

3.バットを固定する穴を中敷きに空けておきます。バットとなる木片は輪ゴムで巻き、輪ゴムの一部を中敷きにあけた穴に通します。


 
4.中敷の穴に通したゴムの先を、裏でゼムクリップにつなげば中敷きにバットが固定されます。バットがスムーズに動くかどうか確認しましょう。バットの素材はわりばしでも短くなった鉛筆でもなんでもかまいません。中敷きを枠箱にはめ込み、両面テープで発射台を取り付ければ完成です!

 

4.中敷の穴に通したゴムの先を、裏でゼムクリップにつなげば中敷きにバットが固定されます。バットがスムーズに動くかどうか確認しましょう。バットの素材はわりばしでも短くなった鉛筆でもなんでもかまいません。中敷きを枠箱にはめ込み、両面テープで発射台を取り付ければ完成です!


 

遊び方

守備側は発射台の上にボールを置いて、投球。攻撃側はバットをホームベースより後ろに引いておきます。投球のタイミングに合わせて、バットのグリップの部分を指ではじいてバッティングしましょう。

 

守備側は発射台の上にボールを置いて、投球。攻撃側はバットをホームベースより後ろに引いておきます。投球のタイミングに合わせて、バットのグリップの部分を指ではじいてバッティングしましょう。